スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

原料によって違う?グルコサミンの品質比較

更新日:2016/12/09 公開日:2015/08/31

グルコサミンの基礎知識

原料によるグルコサミンの品質の違いについて、ドクター監修の記事でお伝えします。「動物性グルコサミン」と「植物性グルコサミン」には、効果の違いがあるのでしょうか。また、グルコサミンを選ぶ際の注意点についてもご紹介します。

原料によって、グルコサミンの品質に違いが生じるのでしょうか。原料の種類に注目して、その作用や特徴を比べてみましょう。

「動物性グルコサミン」と「植物性グルコサミン」

グルコサミンは、原料によって大きく2種類に分けられます。エビやカニなどの殻から抽出した「動物性グルコサミン」と、とうもろこしなどのデンプンを発酵してつくられている「植物性グルコサミン」です。

ほとんどのサプリメントには動物性グルコサミンが使われていますが、最近では「植物性グルコサミン」を使ったものも多くなってきました。

原料による効果の違いは?

動物性グルコサミンと植物性グルコサミンを比較した研究では、動物性グルコサミンのほうが体内へ吸収されやすいというデータが報告されています。これは、植物性のグルコサミンよりも動物性のほうが、より体内の成分に近いからではないかと考えられます。

しかし、効果に関する違いを明らかに実証するデータは今のところはないようです。

ただし、動物性グルコサミンはエビやカニなどの甲殻類から抽出したキチンからグルコサミンを生成しています。そのため、エビやカニなど、甲殻類に対するアレルギーのある方の場合は、植物性グルコサミンを選んだ方が安心です。甲殻類アレルギーがある場合、グルコサミンに対するアレルギーは起こらなくても、含まれている成分の中でアナフィラキシーショックを起こす可能性もあるので注意しなければなりません。

反対に、とうもろこしアレルギーの人は動物性グルコサミンを選ぶとよいでしょう。

原料の産地や由来国にこだわったサプリメントも数多く販売されていますが、それにあわせて大切なのは、グルコサミンがどれくらい含まれているかという「配合量」と一緒に配合されている「サポート成分」です。

グルコサミンの1日の効果的な摂取量は体重や体型によって違いがありますが、グルコサミンに関するほとんどの臨床試験では、1日あたり1,500mgのグルコサミンを摂取するという条件で効果が確認されています。

また、グルコサミンはコンドロイチンやコラーゲンなどと一緒に併用することで相乗効果が得られるといわれています。

安心安全な材料が使われ、添加物が極力使われていないことは当然ですが、グルコサミンの含有量や一緒に配合されているサポート成分にも着目することが重要です。

そして、効果が感じられるまでに1~2か月かかるといわれていますから、継続して飲むことも大切なポイントです。