スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

グルコサミンの適切な摂取量とは?

更新日:2016/12/09 公開日:2015/08/31

グルコサミンの基礎知識

関節の痛みによいとされているグルコサミン。サプリメントなどの健康食品にも用いられていますが、グルコサミンの適切な摂取量とはどのようなものでしょうか。摂取する際の注意点とあわせて解説します。

関節痛対策に有効とされ、サプリメントなどにも活用されているグルコサミンですが、摂取する際の量の目安はあるのでしょうか。また、摂取する際にはどのような点に注意すべきなのでしょうか。詳しく解説します。

グルコサミンの摂取量

グルコサミンの摂取量の目安は、1日あたり1,500mg程度とされていますが、厚生労働省などによって正確に定められているわけではありません。アメリカの研究においては、体重が軽めの人の場合は1,000mg程度、90kg以上ある人の場合は2,000mgが適正量であるとのデータもあるようです。変形性関節症においてグルコサミンが有効であると確認された試験では、1日あたりの摂取量は1,000~1,200mgとされていました。

また、日本のサプリメントに多く使われているグルコサミン塩酸塩の効果を確かめる臨床試験は、1日あたり1,500~2,000mgといった摂取量で行われています。しかし、この量のグルコサミンをサプリメントで摂取するとなると、サプリメントの種類によっては大きめのカプセルを10粒以上飲まなければならない場合もあります。

栄養補助食品などからグルコサミンを摂取する場合には、成分配合量をきちんと確認することをおすすめします。また、このとき、グルコサミンだけではなく、一緒に含まれている副成分の量も確認するとよいでしょう。栄養素は、多めに摂取しても問題ないものもあれば、過剰摂取が問題になるものあります。その製品に記載されている一日に摂取する目安量を基本にして、自分の体調や持病などを考えて摂取することが大切です。

摂取前に知っておきたい注意点

グルコサミンはもともと体内に存在する成分であるため、多少多めに摂取しても問題ないとされていますが、過剰摂取によって胸やけや胃痛、吐き気といった胃の不快症状が起こる場合があるとの報告もあります。

また、グルコサミンを配合したサプリメントなどは、カニやエビといった甲殻類を原料としているものが多いため、甲殻アレルギーの人は注意する必要があります。

さらに、グルコサミンは血液凝固阻止剤の一部の薬と併用することで血液凝固阻止作用が高まったり、血糖値や血圧の上昇に影響するとの報告もあります。ですから、糖尿病や高脂血症の方、血液をサラサラにする作用のある薬を飲んでいる方などは十分な注意が必要です。このような方は、摂取する前に必ずかかりつけの医師に確認するようにしましょう。

どのような成分も、全ての人に必ず合うわけではありません。また、サプリメントや健康補助食品などはひとつの製品の中に、さまざまな成分が一緒に含まれていますので、副成分が体に合わないということもあります。いずれにせよ、摂取して何かの不調や異変を感じた場合はすぐに摂取を中止し、医師に相談するようにしましょう