スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

一緒に摂るべき?グルコサミンとコラーゲン

更新日:2016/12/09 公開日:2015/08/31

グルコサミンの基礎知識

グルコサミンとコラーゲンを併せたサプリメントも販売されていますが、グルコサミンとコラーゲンを一緒に摂取するのにはどのような理由があるのでしょうか。それぞれの特徴や体内での働きとともに紹介します。

グルコサミンとコラーゲンが一緒に配合されているサプリメントが数多く存在しますが、グルコサミンとコラーゲンを一緒に摂ることでどのような利点があるのでしょうか。

それぞれの特徴や働きについても紹介します。

コラーゲンの働き

コラーゲンはタンパク質のひとつで、身体を構成しているタンパク質のおよそ30%がコラーゲンです。軟骨や骨、皮膚に特に多く存在しています。弾力性に優れており、肌にハリや弾力をもたらしたり、関節痛を緩和したりといった効果を発揮しています。

また、骨を丈夫にする、血管のしなやかさを維持して動脈硬化を防ぐといった働きも担っています。

コラーゲンが細胞間のすき間を埋め、細胞や組織をつなぎ合わせることによって身体が構成されているため、肌や身体の健康に欠かすことのできない重要な存在であるとも言えます。

そんな重要なコラーゲンですが、加齢とともに体内のコラーゲン量は減少していきます。また、量だけでなく、その質も低下していくと考えられています。

コラーゲンは、古いコラーゲンは壊され新しいコラーゲンが生産されるという新陳代謝が常に行われていますが、生活の乱れや加齢などからコラーゲンの代謝が悪くなったり硬くなったコラーゲンが増えることで、骨や関節がもろくなったり肌のハリが失われるといわれています。

さらに、コラーゲンに柔軟性を持たせる働きをしているエラスチンの量の低下も忘れてはなりません。コラーゲンに加えエラスチンが減少していくことで、腱や靭帯、血管、肌などの柔軟性が失われ、靭帯の損傷や腱のこわばり、動脈硬化への危険性が高まるからです。

軟骨に含まれるコラーゲンが少なくなったり古くなって硬くなることで、軟骨が少しの衝撃でダメージを受けやすくなったり、すり減りやすくなります。軟骨がすり減ると骨同士が擦れ、痛みが生じます。

グルコサミンの働き

グルコサミンは軟骨の重要な構成成分であるプロテオグリカンの材料でもあります。よく耳にするコンドロイチンやヒアルロン酸など、関節や軟骨に関係する成分も、実はグルコサミンが材料の一部となってつくられています。

ですから、グルコサミンには、丈夫で若々しい関節や軟骨を維持するだけではなく、すり減って損傷した軟骨を修復し、関節のなめらかな動きを維持するといった働きもあります。また、グルコサミンが構成成分となっている軟骨は、関節と関節の間でクッションの役割を担っているため、グルコサミンを補充することで軟骨の摩擦を抑え、変形関節症の痛みや腫れの軽減が期待できます。

グルコサミンとコラーゲンを一緒に摂取する利点

グルコサミンもコラーゲンも、関節を健康的に保つために欠かせない成分です。また、コラーゲンは体内のさまざまな物質を支えており、グルコサミンやコンドロイチンの働きを高める作用もあるとされています。

グルコサミンやコラーゲンはもちろんですが、コンドロイチンやヒアルロン酸を始めとするさまざまな栄養素が、それぞれを助け合いながら一同になって、健康な身体をつくりあげてくれています。

しかし、どの成分も成長や運動量により必要量が増大したり、加齢とともに体内での生産量が減っていくため、自分の体の状態や状況に合わせてサプリメントで一緒に補うのが理想的です。