スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

コンドロイチンとは?

更新日:2016/12/09 公開日:2015/08/31

コンドロイチンの基礎知識

関節痛緩和などに役立つとしてサプリメントにも用いられているコンドロイチンですが、具体的にどのような働きを担っているのでしょうか。ここでは、コンドロイチンの特徴や、摂取することで期待できる効果について解説していきます。

関節痛の予防や緩和に役立つとして知られる「コンドロイチン」ですが、実際にどのような特徴があるのでしょうか。

コンドロイチンの特徴

コンドロイチンは、細胞と細胞の間を構成しているネバネバとした結合組織の粘着物質であるムコ多糖の一種です。「軟骨のもと」という意味のギリシア語を語源としています。

コンドロイチンは軟骨・関節・皮膚・血管壁・靭帯・眼球・角膜・粘液など各臓器に存在しており、組織における潤滑剤としての役割を担いつつ保水性と弾力性を与えています。

タンパク質と結合して「コンドロムコ蛋白(たんぱく)」という状態でコラーゲンとともに結合組織を構成しており、みずみずしくハリのある肌やひざ関節のなめらかな動きなどに働きかけています。

ほかにも、新陳代謝の活性化、骨形成のサポート、関節痛の緩和、細菌の感染予防、血液の浄化といった効果があるといわれています。

関節の痛みに効果的といわれる理由

骨と骨の連結部である関節部分には軟骨がありますが、加齢などによって軟骨がすり減ると、骨同士がぶつかり、関節痛や変形性膝関節症が引き起こされます。コンドロイチンはすり減った軟骨に保水性や弾力性を与え、軟骨を修復・再生させます。これにより、関節痛や変形性膝関節症、腰痛などに効果的と考えられています。

また、変形性膝関節症患者にコンドロイチン硫酸を1日につき1g、3か月間摂取させた試験では、関節症症状スコアの改善や痛みの軽減が認められています。

しかし、一方で、コンドロイチンのサプリメントの定期的な摂取による股関節やひざの変形性関節への有益性は認められなかったという発表もあり、まだ今後の研究結果が待たれる状況であるとも言えます。

コンドロイチンは加齢にともない欠乏しやすい

成長期には体内で盛んに合成されるコンドロイチンですが、年齢を重ねるにしたがってその合成能力は衰えていってしまいます。そのため、中高年になるとコンドロイチンが欠乏することが多くなるのです。

コンドロイチンが不足すると、関節痛や腰痛が引き起こされやすくなります。

コンドロイチンは外からの補充が有効とされており、コンドロイチンを含む食品には、納豆、オクラ、山芋、フカヒレなどがあります。また、成分を濃縮したサプリメントやコンドロイチン注射を活用するといった方法もあります。