スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

コンドロイチンの効果

更新日:2016/12/09 公開日:2015/08/31

コンドロイチンの基礎知識

関節痛の緩和作用で有名なコンドロイチンですが、その他にもさまざまな効果が期待できることがわかっています。ドクター監修のもと、人体にもたらすコンドロイチンの効果をご紹介します。

関節の痛みをやわらげる成分として一般的に知られているコンドロイチンですが、その効果は多岐にわたります。コンドロイチンに期待できる効果をいくつかご紹介しましょう。

コンドロイチンの効果

コンドロイチンはもともと人の体に存在する成分で、軟骨や骨、角膜、皮膚、各臓器などで保水性・弾力性を与えています。また、栄養の消化・吸収・代謝を促すのもコンドロイチンの役割です。しかし、コンドロイチンは年齢を重ねると共に、体内で十分に生成されなくなってしまいます。適切に補う必要性を理解するためにも、コンドロイチンの効果と働きについて具体的に知っておきましょう。

関節の痛みをやわらげる効果

骨と骨のつなぎ目である関節部分には軟骨があり、やわらかいクッションのような役目を果たしています。弾力のある軟骨があるおかげで、摩擦や衝撃から関節を守れているのです。コンドロイチンは、この軟骨に多く含まれています。しかし、加齢と共にコンドロイチンが減少すると、クッションの働きが衰えて軟骨は次第にすり減っていってしまいます。すると、それまで軟骨に守られていた骨同士が直接ぶつかり合い、痛みが生じてしまいます。関節痛の緩和にコンドロイチンの補給がよいとされるのは、このためです。

骨粗しょう症を予防・改善する効果

コンドロイチンは、骨の主成分であるカルシウムの代謝にも関係しています。つまり、コンドロイチンには骨の成長を助ける働きがあるということです。そのため、カルシウム不足が主な原因となる骨粗しょう症の予防・改善にも、コンドロイチンは効果的とされています。骨折の回復を早めたいときに、コンドロイチンを補うこともあります。

目の健康を維持する効果

コンドロイチンは涙の成分に近いため、特にドライアイの予防と改善に有効といわれています。ドライアイ用の目薬に配合されることも多いです。その他、白内障の手術をした際に起こる眼圧の上昇を抑えるために使われることもあります。

高血圧や動脈硬化を防ぐ効果

コンドロイチンには、血液中のコレステロールや過酸化脂質(コレステロールや中性脂肪などの脂質が活性酸素により酸化したもの)を取り除く効果もあるとされるため、高血圧など予防にも効果的と考えられています。

腎疾患を改善する効果

コンドロイチンは体内を構成している物質をつないでいる結合組織の主要成分です。細胞を正常にする働きがあるので、腎疾患を改善する効果も期待できるといわれています。

美容効果

コンドロイチンの特徴のひとつに、高い保水力があります。よって、みずみずしい肌を維持するのに欠かせない成分ともいわれています。肌だけでなく、つややかな髪や爪を保つのにも必要です。

グルコサミンとの相乗効果

軟骨や腱などに広く存在しているグルコサミンも、コンドロイチンと同様、軟骨の働きに不可欠な成分です。細胞や組織を結合するほか、軟骨を再生する働きを持つといわれています。保水力の高いコンドロイチンとは少し違った働きをするため、関節痛の緩和を目的とする場合には、グルコサミンとコンドロイチンを同時に摂取するとより高い効果が期待できるでしょう。

今すぐ読みたい