スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

コンドロイチンの適切な摂取量とは?

更新日:2016/12/09 公開日:2015/08/31

コンドロイチンの基礎知識

コンドロイチンは1日にどれぐらい摂取したらよいのでしょうか?ドクター監修のもと、コンドロイチンの効果を得るために必要な摂取量についてお伝えします。サプリメント表示を見るうえでの注意点と選び方についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

関節痛の緩和など、さまざまな効果で注目を集めるコンドロイチンですが、期待されている効果を得るためにはどれぐらいの量を摂取すればよいのでしょうか?コンドロイチンの適切な摂取量について解説します。

コンドロイチンの適切な摂取量

コンドロイチンの場合、1日にどれぐらい摂取するべきかという目安量は特に定められていません。関節の働きをほとんど正常と言えるまでに回復させるには、最低でも800mg以上が必要という報告がありますが、これは医学界での試験結果に基づく推奨量です。例えば、コンドロイチンの効果を実証するために行われている臨床試験では、1日あたり1000~1200mgのコンドロイチン摂取を条件としているケースがほとんどです。コンドロイチンが変形性関節症に有効であると報告をしている試験でも、これぐらいの量を使用しています。

問題は、この量を健康食品で摂取できるのか?という点です。仮に1000~1200mgのコンドロイチンをサプリメントで摂取しようする場合、大き目のもので10カプセル以上が必要になることも少なくありません。つまり、推奨量はあくまでも医療において治すことを目的とした量であって、日常的に摂取したい量ではないということです。よって、サプリメントなどの栄養補助食品や医薬品として摂取する際には、製品に表示されている摂取量に必ず従ってください。

コンドロイチンの含有量をチェック

コンドロイチンの摂取量について考える際に、もうひとつ気をつけたいのが含有量です。

「サメ軟骨抽出コンドロイチン500mg」と表示されていても、実際に500mgのコンドロイチンが配合されているわけではないことを知っておきましょう。実際のコンドロイチンの量は、サメ軟骨からの抽出物に何%のコンドロイチンが含有されているかで変わってくるためです。実際、コンドロイチン硫酸の含有量は20%~85%と、原料によりさまざまです。コンドロイチンの含有量がほとんどなくても「コンドロイチン配合」と表示している商品もあるので、選ぶ際には注意が必要です。

健康食品(保健機能食品や特別用途食品は除く)にこのような問題が起こり得るのは、医薬品のように厳密な決まりがないからと言えます。ヒト試験を行わずに、動物実験や細胞実験のみで「効果がある」と宣伝しているものもあるのが現実です。よって、コンドロイチンという成分名が記載されているだけでは、その含有量は曖昧(あいまい)であると考えたほうがよいでしょう。粗悪な商品を選んでしまわないためにも、原材料や配合量、製造メーカーの信頼性など、さまざまな面をしっかりチェックすることをおすすめします。

また、健康食品はあくまでも食品で、医薬品ではありません。治療としてとり入れるものではないということを踏まえたうえで、上手に利用しましょう。