スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

糖尿病がもたらす合併症(7)狭心症

更新日:2016/12/09 公開日:2015/09/28

糖尿病がもたらす合併症

糖尿病はさまざまな合併症を起こしやすい病気ですが、「狭心症」もその1つです。ドクター監修のもと、糖尿病に狭心症が合併しやすい理由と、発症のメカニズム、発作が起こったときの正しい対処法について解説します。

糖尿病がもたらす合併症にはさまざまなものがありますが、「狭心症」もその1つです。狭心症がどのような病気で、なぜ糖尿病が影響するのかについて解説します。また、狭心症が起こったときの対処法についてもご紹介します。

狭心症とは

心臓は筋肉の塊のような臓器です。24時間休みなく拡張と収縮をくり返して全身に血液を送り出しているため、常にたくさんの酸素や栄養を必要としています。その心臓の筋肉に血液を送り込み、酸素と栄養を供給しているのが、「冠動脈」という血管です。

毛細血管のような細い血管は網目状につながっているので、どこか1か所がつまってしまっても他の血管から血液が流れます。しかし、冠動脈を含めた太い動脈は必ずしもこうした構造になっていません。そのためどこかに血行障害が起きると、そこから先へは十分な血液が届かなくなってしまいます。

「狭心症」とは、冠動脈の内腔(ないくう:管状器官の内部)が狭くなって血流が悪化し、心臓の筋肉(心筋)に十分な酸素が送られなくなった状態のことを呼びます。

狭心症の種類と糖尿病との関係

狭心症には、「労作性狭心症」と「安静時狭心症」があります。

労作性狭心症

階段を昇ったり急ぎ足で歩くなど、運動をしているときに起こる狭心症です。運動時は体の筋肉が酸素を多く必要とするので、血流が増加して心臓の動きも活発になります。そのため、心筋にも多くの酸素が必要になりますが、冠動脈が動脈硬化で狭くなっていると十分な血液が行き渡らず、酸欠状態になることで胸が痛くなるなどの症状が起きます。

安静時狭心症

寝ているときや静かにしているときに起こる狭心症です。冠動脈そのものが一時的に痙攣(けいれん)を起こして細くなり、心筋が酸素不足に陥ることで発症します。冠動脈を含め動脈には筋肉が付いています。この筋肉が攣るような状態になることで血管の内側が細くなります。特に、夜間から早朝にかけて起こりやすいという特徴があります。

糖尿病で狭心症が起こりやすいのは、高血糖状態が長く続くと血管が障害されて「動脈硬化」が進行するためです。

※糖尿病が動脈硬化を進行させる理由について、詳しくは『糖尿病がもたらす合併症(2)心筋梗塞』をご覧ください。

狭心症の症状と対処法

狭心症が起こると、胸を締めつけられたり、押さえつけられるような鈍い痛みを感じます。また、胸だけでなく、左肩から左腕、あごなどにも痛みが広がったり、背中やみぞおちに痛みを感じることもあります。

症状は数分~十数分程度続きますが、安静にしていると治まることもあります。痛みがくり返し起こるときは、血管を拡張させる「ニトログリセリン(硝酸薬)」という薬が有効とされています。

狭心症の発作が起きたときは、まず安静にし、すぐにニトログリセリンの舌下錠(ぜっかじょう:舌の下に入れてゆっくり溶かして用いる錠剤)かスプレーを用いましょう。ニトログリセリンを用いても発作が治まらない場合は、もう一度同じ薬を用い、救急車を呼んでください。

この病気・症状の初診に向いている科 内科

ヘルスケア本