スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

不妊治療(1)タイミング法

更新日:2018/05/16 公開日:2015/09/28

不妊・不妊症

不妊治療を行っていくためにはいくつかのステップがあり、治療法もさまざまです。その中のひとつであるタイミング法にはいくつか種類があります。その違いなどについて、ドクター監修のもと解説します。

不妊治療にはさまざまな方法がありますが、ここでは、不妊治療の第一段階とも言えるタイミング法について解説します。

タイミング法とは

タイミング法とは、排卵日を予測し妊娠しやすい日時に合わせて性行為を行うことで、妊娠する可能性を高める方法です。タイミング法には、自然の周期に合わせる方法と、排卵誘発剤による周期に合わせる方法があります。

自然周期でのタイミング法

自然周期をベースにタイミング法を行う場合は、さまざまな方法で排卵日を予測します。この方法は、結婚後間もない若い夫婦や不妊治療をはじめたばかりの夫婦に適しているといわれ、身体への負担が低く、費用も他の不妊治療に比べて安いことが特徴です。妊娠する確率は、5~10%程度といわれています。

排卵日の予測には、まず身近な基礎体温表のデータを見て、排卵日に近づいてきた日にクリニックを受診するようにします。一般的に基礎体温表での排卵日は、高温期からグンと体温が下がった日か高温期に入った日とされていますが、それだけでは十分と言えません。たしかに排卵の兆候はあるのですが、卵胞が破れておらず、排卵されていないという「黄体化未破裂卵胞(LUF)」の可能性もあるためです。

そこで、尿に含まれるホルモンの数値を計測する検査キットを使います。排卵が起きる前兆として、脳の下垂体から黄体化ホルモン(LH)が大量に分泌される「LHサージ」があります。8時間置きに1日3回の尿測定によって、もっとも強く陽性反応を示した日を探します。

一番確実な排卵日の測定は、クリニックで行う経腟超音波の検査です。卵胞は大きさが20mm前後になると排卵するため、超音波画像で卵胞の大きさを観察したうえで排卵日を計算して予測します。ただし、この検査は病院でしか行えません。

排卵誘発を行うタイミング法

本来卵巣は、毎月1個の卵子しか排卵しません。しかし卵子の元になる卵胞はもっと数多く生まれており、排卵されるのはすこやかに育って選ばれた「主席卵胞」と呼ばれる卵胞だけなのです。通常は、主席卵胞になれなかった卵胞は栄養分となって身体に吸収されています。

排卵誘発は、卵巣を刺激してよりよい排卵を起こし、卵巣機能を高める方法で、卵巣機能が不調で排卵しにくい人に排卵を起こさせる目的で行います。排卵誘発剤には、クロミッドやセキソビットといった飲み薬と、注射を使う方法があります。

排卵誘発に使われる飲み薬

「クロミッド」「セキソビット」「セロフェン」などの錠剤タイプのもの。

これらの飲み薬は、脳に働きかけ、卵胞刺激ホルモンの分泌を促すことで、卵胞の育成を促進します。

メリットとしては、注射に比べて、効き目は穏やかで、副作用が比較的少ないことがあげられます。双子以上を妊娠する多胎率は4~6%と低めです。

デメリットとしては、注射に比べて、排卵誘発効果は低いことがあげられます。また、長期間服用すると、子宮内膜が薄くなったり、子宮頸管粘液の分泌量が少なくなる場合があります。

排卵誘発に使われる注射

「rFSH(rFSH=遺伝子組換えヒト卵胞刺激ホルモン)」「hMG(下垂体性性腺刺激ホルモン)」の2種類があります。直接卵巣に働きかけ、卵巣の育成を促進します。

メリットとしては、飲み薬よりも高い排卵誘発効果があるといわれています。

デメリットとしては、お腹の痛みや張りなどの副作用が強く、重症化すると、卵巣の腫れや胸水や腹水などを招く「卵巣過剰刺激症候群(OHSS)」を引き起こすことがあります。多胎率は、約20%と飲み薬に比べて高いのも特徴です。

飲み薬と注射どちらを選択すべき?

飲み薬か注射かの選択は、治療のステップやホルモンの状態などによって使い分けます。飲み薬よりも注射の方が効き目が強いため、最初に飲み薬を使って効果がなかった時に注射、という流れが多いようです。場合によっては、飲み薬と注射を併用するケースもあります。

リスクや副作用がある可能性も

ただし、排卵誘発で複数の卵胞が育つことによって、多胎妊娠の確率が高くなったり、卵巣の腫れや胸水や腹水などを招く「卵巣過剰刺激症候群(OHSS)」などの副作用もあるため、医師の指示に従って治療を行うことが大切です。

タイミング法を行うべき妊娠しやすい日とは?

では、実際に妊娠しやすい日とはいつでしょうか。妊娠しやすい日は、月経周期の中のおよそ6日間といわれています。具体的には、排卵の4日前から妊娠の可能性が高まり、2日前から排卵日前日がもっとも妊娠しやすい日とされています。

そして、排卵日直前の妊娠しやすい日にタイミングを合わせるために、排卵日を予測することがとても重要となります。

妊娠しやすい時期=排卵日を予測するための方法

排卵日のタイミングは、以下の変化を察知することや検査を行うことで把握できます。

基礎体温の変化

基礎体温とは、朝目覚めて体を動かす前に測る「安静時の体温」です。女性の体温は、病気や重度のストレス時などを除くと、平均して0.3~0.5度前後の間で周期的に変化しています。基礎体温をチェックしていくと、低温期から高温期へ移る直前に、体温が一度くっと下がる日があります。これを陥落日と呼びますが、これがいわゆる排卵日です。このように、基礎体温を記録して月経周期を知ると、排卵日の予測もできるようになります。

基礎体温の測り方については、『妊娠したい人の基礎知識(6)基礎体温の正しい測り方と注意点』をご覧ください。

排卵痛や胸の張りなどの症状

排卵期に体に現れやすい症状には、下腹部の痛みや張り、腰痛などがあります。このような症状は、「排卵痛」により起こっている可能性が高いです。排卵痛とは、排卵後の体の変化によって起こる痛みのことです。このような症状が見られたとき、それが排卵痛であるかどうかは、基礎体温を記録しておくと判断しやすくなります。

おりものの変化

一般的に、おりものは月経が終わったあとから徐々に増えていき、排卵期にもっとも量が多くなります。排卵期には、透明なゼリー状になってよく伸びるのも特徴です。これは、精子を子宮へ送りこみやすくするための変化です。

身体に現れる症状やおりものの変化について詳しくは、『妊娠したい人の基礎知識(8)排卵期に現れる体の症状とは』をご覧ください

病院で検査してもらう

病院では主に超音波検査で排卵を確認します。これは、専用の細長い超音波プローブを膣の中へ挿入し、卵巣や子宮の状態をモニター画像でチェックしていく方法です。そのため、検査を受けている本人もリアルタイムで確認することができます。

排卵検査薬を使って自分で検査する

病院に行く時間がない場合は、排卵検査薬を使って自分で検査することも可能です。尿に含まれる黄体形成ホルモンは、排卵直前にもっとも濃度が高くなります。排卵検査薬は、このホルモンの分泌を検知する仕組みになっています。

ほかにも不妊治療の種類はさまざまあります。あわせて『不妊治療の種類と治療の進め方』の記事もご覧ください。

この病気・症状の初診に向いている科 産婦人科

ヘルスケア本