スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ホワイトニングの種類とメリット・デメリット

更新日:2017/08/02 公開日:2015/09/30

ホワイトニングの基礎知識

「歯のクリーニング」「セラミックス治療」と並び人気なのが「歯のホワイトニング」です。では、ホワイトニングには、どんな特徴があるのか、またメリット・デメリットについて、ドクター監修の記事にて詳しくお伝えします。

白く輝く歯を目指したいという人に人気がある歯のホワイトニングですが、どのような種類があるのか見てみましょう。

ホワイトニングの種類(1)オフィスホワイトニング

歯科医院で行う歯のホワイトニングのことを「オフィスホワイトニング」と呼びます。高濃度のホワイトニング剤を使い、特殊な光を当てて熱を加え、薬剤の効果を高めていきます。用いられるライトには種類があり、詰め物を固める際に使用する従来のものや、紫外線を使用するもの、また最近ではLEDタイプもあります。

メリット

  • 歯科医院で専門家(歯科医師や歯科衛生士)が行うので安全
  • 「目指す白さ」への相談やカウンセリングができる
  • 短期間で歯を白くできる
  • 自分でやる手間がかからない
  • キレイに仕上がる

デメリット

  • 1回の治療で希望の白さにならない場合があり、数回の通院が必要
  • 食事の内容、飲み物の影響で後戻りがありますので、定期的なオフィスホワイトニングを行うかホームホワイトニングを併用すると効果が持続(目安は3~6か月)

ホワイトニング治療は、使用するホワイトニング剤や光照射の種類によって、1回1~2時間の治療を数回行うのが一般的です。

ホワイトニングの種類(2)ホームホワイトニング

自宅で行う歯のホワイトニングのことを「ホームホワイトニング」と呼びます。専用のマウスピースの中にホワイトニング剤を入れ、家で毎日、最大2時間装着(夜間の就寝中に装着するタイプもあります)。海外のものをネットで購入(既製のマウスピース付き)して自分で行う方法もありますが、基本的には歯科医院でマウスピースを作ってもらい、専門家の指導のもとで行うのがベストです。

メリット

  • 自宅で手軽にできる ※1
  • ホワイトニング剤の濃度が低いため、正しい用法、用量を守ればしみるような痛みが出にくい
  • 継続的に行うことができれば色の後戻りしにくい(後戻りの目安は半年~1年程度)
  • 思い通りの白さになるまで自分のペースで続けられる

デメリット

  • 歯が白くなるまで時間がかかる(目安は2~4週間程度)
  • 基本的に毎日2時間行う必要がある
  • 自分で行う手間がかかる
  • 国家資格のある歯科医師、歯科衛生士の管理下でおこなわない場合、誤った利用法により弊害が起こる可能性がある

※1:歯科医院にて口腔環境の検査やマウスピースの型取りを行い、マウスピースが完成したら受け取りに行く必要があります。さらに、約1週間ごとに経過チェックと追加ホワイトニング剤の受け取りに通院が必要な場合もあります。

ホワイトニングの種類(3)デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法を「デュアルホワイトニング」と呼びます。

まずは歯科医院でオフィスホワイトニングを行い、その後(24時間以上経ってから)、自宅でのホームホワイトニングを実施。それぞれの長所を活かしながら、より効果的にホワイトニングを行っていきます。

メリット

  • 両方を効果的に行うことで、もっとも短期間で歯を白くすることができる
  • 色の後戻りが一番少ない(ホームホワイトニングを定期的に行うことで、オフィスホワイトニング後の色戻りを防ぎ、ホワイトニング効果が長期間持続)

デメリット

  • オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行うため、値段が高くなる可能性がある ※2

※2:ホワイトニングは保険適用外のため、医院によって値段が異なる場合があります。

それぞれのメリット・デメリットをよく理解し、自分の目的(いつまでに白くしたいかなど)やライフスタイル(毎日2時間の装着が可能かなど)に合わせ、もっとも最適なのはどの方法か、よく検討してみましょう。

この病気・症状の初診に向いている科 歯科

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

関連Q&A

ヘルスケア本