スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ナルコレプシーでも仕事に支障をきたさない方法

更新日:2016/12/09 公開日:2015/10/30

ナルコレプシーの治療と対策

ナルコレプシーだからといって、治療を受けずに仕事をあきらめていませんか?治療によって生活に支障をきたさない程度に症状を軽くすることは可能です。ドクター監修のもと、ナルコレプシーの患者が仕事を続けていくために必要なことについてお伝えします。

ナルコレプシーの患者が仕事を続けていくためには、どのような点に気をつけたらよいのでしょうか。仕事を続けていくためのポイントをお伝えします。

ナルコレプシーによる仕事への悪影響を減らすために

ナルコレプシーの代表的な症状は、日中の耐えがたい眠気(睡眠発作)と情動脱力発作です。時と場所に関係なく発作が起こるので、重要な商談や会議の最中に寝てしまうこともあります。このような場合、居眠りと誤解されるため、仕事に支障をきたすだけでなく、退職に追い込まれるケースもあるようです。

ナルコレプシー患者が社会に適応していくためには、なによりも専門医の治療を受けることが重要です。ナルコレプシーの治療には、多くの場合、症状をおさえるための薬物療法が行われます。日中の激しい眠気や睡眠発作には精神刺激薬、情動脱力発作には抗うつ剤が処方されることが一般的です。

たとえば、仕事で自動車を運転しなければならないという場合には、それに応じた成分・用量の薬を処方してもらうことも可能です。処方された薬を飲むことで眠気が軽くなり、脱力発作もたまに部分的に生じるくらいに抑えられている例もあります。

ただし、薬物療法を行っているからといって、どのような仕事にも従事できるとは限りません。長距離運転や高所作業、危険をともなう作業などは避けなければならないでしょう。仕事を続けるうえでは、本人や周囲に危険を生じさせる可能性が低い仕事につくことも重要な要素のひとつと言えます。

薬物療法のほか、患者自身が病気の特徴をしっかりと理解し、改善するための生活を送ることも大切です。昼間は発作が起こって仕事に集中できないから夜にがんばろう、といった考え方では、かえって日中の眠気を増幅させてしまいます。悪循環に陥りやすくなるので、夜にはしっかり眠り、昼間は薬を利用して目を覚まさせる方法をとりましょう。

また、ナルコレプシー患者のなかには、日中の眠気対策としてカフェインを摂取する人もいるようです。たしかに、カフェインにはゆるやかな覚醒作用がありますが、動悸や血圧上昇、消化器症状、焦燥感、不安感が生じることもあるので、大量摂取は考え物です。もちろん、薬物療法として処方されるアンフェタミンやモダフィニルといった精神刺激薬に比べて効果も劣るので、治療においては補助的使用にとどまっています。

職場の理解も必要

ナルコレプシーの患者にとっては突然起こる発作そのものだけでなく、理解者が圧倒的に少ないというのも悩みの種となります。ナルコレプシーによる眠気は根性や気力で対応できるものではないため、本人にはどうしようもないということを周囲が理解する必要があります。

ナルコレプシー患者は眠気に襲われたときに10~30分ほど眠ることはありますが、眠りから覚めたあとはすっきりして仕事ができます。昼休みなどに短時間の昼寝をすると症状が軽くなるので、職場でそのような便宜を図ることも大切でしょう。

今すぐ読みたい