スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

痔の治療に欠かせないセルフケアについて

更新日:2016/12/15 公開日:2015/10/30

痔の検査・治療

生活習慣病ともいわれる痔の治療には、薬や手術だけではなく、日頃の生活内容も重要です。痔を悪化させないような生活スタイルはどのようなものなのでしょうか。ドクター監修のもと、痔の治療に必要なセルフケアについて解説します。

痔の治療は、薬を使用し、手術を行うほか、毎日の生 活の中で痔を悪化させないケアが必要になります。痔の治 療のためには、どのような生活を送ればよいのでしょうか。 痔の基本を知りセルフケアの大切さと具体的な方法につ いて解説します。

痔とは?代表される3つの種類

痔は肛門の状態によって3つの種類に分けることができ ます。

・イボ痔(痔核):肛門にイボ状の腫れができる痔です

・切れ痔(裂肛):肛門の歯状線より外側の皮膚が、縦 に切れたり裂けたりして傷ができた痔です

・痔ろう(あな痔):大腸菌などが感染してトンネルのよう な管ができた痔です

この中で「イボ痔」はさらに、内痔核と外痔核に分けるこ とができます。

内痔核について

内痔核とは直腸粘膜と肛門上皮の境目にある歯状線 より上にできる痔核です。

外痔核について

肛門と直腸の境目の入り組んだ部分「歯状線(しじょう せん)」より下の、肛門の皮膚部分にできる痔核です。

イボ痔については『痔の種類(1):イボ痔(痔核・ 脱肛)の原因と症状』にて詳しく解説をしているのでご 覧ください。

痔になる6つの要因について

痔を引き起こす要因としては6つが考えられます。下記 に紹介しておきます。

・便秘:便秘になると便が硬くなり、排便時に肛門の粘 膜が傷ついて炎症を起こしやすくなります

・下痢:肛門の奥のくぼみに便が入り込み大腸菌など に感染しやすくなります

・ストレス:ストレスにより免疫力が低くなり、大腸菌など に感染しやすくなります

・体の冷え:血液の巡りが悪くなり、肛門周囲の血管が うっ血して炎症が起こりやすくなります

・飲酒:肛門の静脈がうっ血しやすくなって痔を発症し やすくなります

・筋肉疲労:筋肉に疲労物質が溜まったりして痔を発 症しやすくなる可能性があります

こうした痔の要因については『 痔を発症・悪化させる5つの要因』で詳しく解説をして います。

自宅できる予防法と応急処置法

普段何気なく行っている習慣が、実は肛門の血管に負 担をかけたり、肛門の皮膚を傷つけたりしています。食生 活、排便習慣、生活スタイルの3つを見直して、痔を予防し ましょう。

食生活を改善する

・水分を十分に補給する

水分が不足すると便が硬くなって便秘になりやすいた め、しっかり補給しましょう。

・食物繊維を含む食品をとってバランスよく食べる

食物繊維には、水分を吸収して便を排出しやすくする 働きがあります。

・朝食をしっかり食べる

朝食を食べると、便意が起こりやすくなります。

・アルコールや刺激物は控えめにする

アルコールをとり過ぎると肛門の血管に負担がかかり、 うっ血しやすくなります。また、刺激物を多量にとると、下痢 になりやすいほか、排便時に肛門の皮膚を傷めてしまいま す。

正しい排便習慣をつける

・便意を感じたら我慢しないで出す

仕事中などは便意を感じても我慢しがちですが、我慢 することで、直腸が便の水分を吸収して便が硬くなり、便秘 になりやすくなります。

・排便時のいきみは3分程度に。長時間いきまない

5分以上もいきむと、肛門に負担がかかって痔になり、 痔が悪化します。

・肛門は清潔にしておく

排便後は肛門を清潔にし、毎日入浴しましょう。ただし 、神経質になりすぎてトイレットペーパーなどでゴシゴシ拭 くと、皮膚を傷めるので注意します。

生活様式に気をつける

・立ちっぱなし、座りっぱなしなど、同じ姿勢を取り続け ない

職種によっては、一日立ちっぱなしだったり座りっぱな しのことがありますが、同じ姿勢を続けると、肛門の筋肉が 緊張したり、血流が悪くなります。

・お風呂は湯船につかって温まる

夏でも、ぬるめのお風呂に入ることで、肛門部の血の 巡りがよくなります。

・ストレスをためない

ストレスがたまると、免疫力が低下して痔の症状の悪化 につながります。

・身体の冷えに注意する

身体が冷えると、血液の循環が悪くなり、便秘や下痢 を起こしやすくなります。

・適度な運動

体を動かすことで腸の動きが活発になり、排便がスムー ズになります。ストレスの解消にも役立ちます。

応急処置法について

もし肛門に違和感が見られたら自分でできる応急処置 もあります。これは痛みや出血の有無によって治療方法が 異なります。詳しくは『放置はNG!自分でできる 痔の応急処置法とは』に記載されているのでご確認く ださい。

病院で行う検査方法と治療方法

病院で行われている痔の検査方法と治療方法につい て確認をしてみます。

検査方法にいて

病院で行われる痔の検査方法には視診や触診、直腸 ・肛門指診などがあります。また、必要に応じて別の検査 方法がとられることもあります。検査方法については『 痔の検査方法と流れ』に記されているので確認してみ るといいでしょう。

治療方法について

痔は生活習慣の改善や薬物療法によって治療を目指 します。しかし、中には手術が必要になる痔もあります。手 術方法は痔の種類によっていくつかの方法があるので『 痔の種類別に見る手術方法』を確認するといいでしょ う。

自然治癒力を高めて痔を治しましょう

生活習慣病といわれる痔を治すためには、その人自身 が持っている自然治癒力が大切になります。自然治癒力 が高いと、病気を治し、健康な体に戻すことが可能になりま す。自然治癒力を最大限に引き出すためには、正しいセ ルフケアが必要です。

自然治癒力には、ウイルスや細菌が体内に入るのを防 ぐ「免疫機能」と、切り傷などの傷や手術のあとなどの皮膚 を再生する「再生機能」があります。痔の治療においても、 この2つの機能を同時に高めることで、症状が悪化するの を防ぎ、体を守ることができるのです。

上記にあげた項目は、少し意識するだけで今日からす ぐに取り入れられることばかりです。痔の症状を和らげるた めに、さっそく実践してみましょう。

この病気・症状の初診に向いている科 肛門外科

今すぐ読みたい

ヘルスケア本