スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

関節リウマチって遺伝するの?

更新日:2016/12/09 公開日:2015/11/30

関節リウマチの基礎知識

いまだに謎が多い関節リウマチ。今もなお、さまざまな研究が行われていますが、最近では分子生物学的、遺伝子学的な研究が進んでいます。そして、「関節リウマチは遺伝するのか」という点について、気になる方も少なくないと思います。ここでは、ドクター監修のもと、関節リウマチと遺伝子の関係について解説します。

「ウチは、リウマチの家系だからね」……そんな会話を耳にすることがありますが、関節リウマチと遺伝は関係しているのでしょうか。

関節リウマチは遺伝する?しない?

関節リウマチは遺伝病ではありません。

関節リウマチは世界中で見られる病気ですが日本での有病率は0.5~0.8%程度だとされています。関節リウマチには遺伝的因子、環境的因子などが関与していますが、決定的な原因は未だに不明です。親が関節リウマチだと子供が関節リウマチになる可能性は高くなりますがそれでも10%よりかなり低いとされています。

喫煙や感染症など環境的な影響も大きいとされています。

遺伝子が100%一致している一卵性双生児の場合を例にあげてみましょう。もし関節リウマチが遺伝病であるならば、双生児の発症率は100%となるはずです。しかし、一卵性双生児の関節リウマチ発症一致率は25%前後だと考えられています。一般の関節リウマチの発症率と比較すると高いために遺伝的な影響があるとは考えられますが、100%ではないことから、環境的要因なども深く関係していると言えます。

関節リウマチに関する遺伝子

関節リウマチの患者さんの病気の進み方をみるといくつかのタイプに分けることができます。どのような患者さんに関節リウマチが発症しやすいか、どんな治療が有効か、遺伝子的に予測するような研究が進んでいます。あまり遠くない将来に結果が出てくることが期待されています。

この病気・症状の初診に向いている科 整形外科

今すぐ読みたい

ヘルスケア本