スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

関節リウマチにならないために!予防方法とは

更新日:2016/12/15 公開日:2015/11/30

関節リウマチの基礎知識

痛みや腫れをともなう関節リウマチは、免疫システムが誤作動することで起こります。関節リウマチを予防するためには、免疫の異常を起こさないことがポイントです。そこでドクター監修のもと、今日からできる関節リウマチの予防法について解説します。

関節リウマチは免疫システムが正常に働かなくなり、自身の身体を攻撃してしまうという自己免疫疾患のひとつです。本来ならば身体を守るための作用が、自身の関節や骨などを壊してしまうのです。その原因は明らかにされてはいないものの、喫煙やウイルスの感染などがきっかけで免疫異常を発生することが重要な要因の可能性が考えられます。

関節リウマチの予防法

それでは、関節リウマチを予防するためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

禁煙

まず大切なのは禁煙です。タバコを吸う人の関節リウマチ発症率は高いのです。そして関節リウマチ患者さんのなかでも喫煙者が病気が進みやすく治療の効果も低いことがわかっています。薬よりも何よりも、リウマチ治療の第一歩は禁煙なのです。また喫煙は免疫力を低下させるために肺炎やインフルエンザにもかかりやすくなり、治療の合併症を増やしてしまいます。

ウイルス感染を防止する

季節の変わり目などでウイルス感染を生じると、それが関節リウマチ発症の引き金になることがありますので注意が必要です。

腸内環境の改善

腸内の細菌の状態が全身の免疫に大きな影響を与えていることが近年わかってきました。腸内の状態がリウマチの発症に影響している可能性が指摘され、よい腸内環境を保つことでリウマチの発症を抑制できるかもしれません。

関節リウマチを予防できるかも?

食事のなかで、関節リウマチの発症を抑制したり、病気の進行を抑えることが期待できるおすすめの食材をいくつかご紹介します。適度なアルコールの摂取も関節リウマチには悪くありません。食事を楽しめることが第一です。

オリーブオイル

飽和脂肪酸の摂取量を減らすとリウマチが改善することが期待できます。バターやマーガリンよりオリーブオイルのほうがよい可能性があります。もっとも日本人ではそもそも飽和脂肪酸の摂取量はあまり多くないのでそんなに神経質になる必要はありません。

ヨーグルト

ヨーグルトは、腸内の善玉菌を増やすことで腸内環境を整えてくれます。菌が生きていているタイプのヨーグルトでなければなりません。苦手な人は乳酸菌製剤という方法もあります。

魚をたくさん食べたほうがリウマチの発症が少なかったという論文があります。

口腔内を清潔に保つこと

腸内細菌叢の異常が、関節リウマチの原因という説もあります。起床時にはまずうがいをして口腔内の雑菌を排除しましょう。食後も口腔内洗浄をすることでさまざまな病気を予防できます。また、痔核や胆のう炎といった悪玉菌が存在する病巣をできるだけ治しておくこともリウマチの発症を防いでくれる可能性があります。

サプリメントに関して

サプリメントで関節リウマチが予防できるか?病気の進行を抑えることができるか?はっきりした効果はまったくといっていいほど立証されていません。それどころかセサミンは関節リウマチの治療で最も有効なメトトレキサート製剤の効果を妨害することが明らかです。サプリメントを摂るときには必ず主治医に相談しましょう。

この病気・症状の初診に向いている科 整形外科

今すぐ読みたい

ヘルスケア本