スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

つらい時はココを刺激!肩こりのツボ10選

更新日:2017/07/26 公開日:2015/12/08

肩こりのセルフケア

つらい肩こりを少しでも軽くしたいときに効果的なのはツボ押しです。ここでは、専門家監修の記事で、首・背中や足、手・腕にあるツボの場所や、ツボの効果的な押し方、注意点について詳しく解説しています。

肩こりになったときに効果があるツボの場所を首・背中、足、手・腕を中心に紹介します。また、ツボを押すときのポイントや注意点についても解説します。

肩こりに効くツボ

首・背中、足、手・腕にある肩こりに効くツボには、次のような種類があります。

首・肩・背中にある肩こりに効くツボ

天柱(てんちゅう)
首の後ろ側の髪の生え際にある、太い筋肉のくぼみの外側
風池(ふうち)
天柱より少し外側の左右にあるくぼみ
肩井(けんせい)
首の付け根と肩先の中間。筋肉が盛り上がっているところ
曲垣(きょくえん)
肩甲骨の内側で上の端にあたる部分
大椎(だいつい)
首と背中の付け根にあり、首を前に倒したときに突き出る2つの骨の間
中府(ちゅうふ)
鎖骨の下の出っ張り(烏口突起)から指1本分下のところ

足にある肩こりに効くツボ

隠白(いんぱく)
足の親指の内側で、爪の生えぎわの近くにある
肩(かた)
足の裏、人差し指の付け根の下から小指の方向に並んでいる首から肩に効くツボ

手・腕にある肩こりに効くツボ

手三里(てさんり)
ひじを曲げてできる横じわの外側の端から、手の甲に向かって指3本分のところ
合谷(ごうこく)
人差し指と親指の骨が合わさるところから、少し人差し指よりのくぼみ

ツボの押し方と注意点

ツボマッサージの基本的なやり方は、親指のはらをツボに押し当てて、3秒から5秒かけてやや強め(刺激が程よいと感じられるくらい)に押してからゆっくり離します。このほか、揉んだり、軽くトントンと叩いたりしてもよいでしょう。ツボの周囲がひどく痛むときには、さするだけでも十分に効果があります。決して、力任せにグイグイと押したり、同じ場所を何度もくりかえして押したりしないようにしましょう。炎症や筋肉の損傷を招く危険性があります。

また、ツボを押すときにはリラックスした状態を心がけ、気持ちよいと感じる程度で行うとよいでしょう。ツボを押すときには息を吐きながら行い、逆に力を抜くときに息を吸います。

逆に、ツボを押さないほうがよいケースとしては、妊娠中(とくに安定期に入る前)、ツボのあたりのケガや火傷、飲食後30分以内、飲酒時、サウナ入浴後、発熱時、手術後などがあります。急激に血流がよくなることで、逆に体調に異変をきたすような場合は避けてください。

ご自身・ご家庭でいわゆるマッサージや指圧(ツボ押し)などをする際の注意点

  1. 1.マッサージや指圧などは身体に影響を及ぼす行為です。ご自身・ご家庭で行う場合は、部位の把握や力の加減が難しく、身体への影響には個人差があります。
  2. 2.病気やケガ、痛みがある場合は、マッサージや指圧などをするまえに医師の診断やアドバイスを受けましょう。
  3. 3.食後、飲酒時、妊娠中など、普段と異なる体調の際は、自己判断によるマッサージや指圧などは避けましょう。
  4. 4.マッサージや指圧などをしたことで体調が悪くなったり、痛みなどが出た場合は、すぐに医師に相談しましょう。また、症状が改善しなかったり悪化したりするようなら、医療機関を受診しましょう。

この病気・症状の初診に向いている科 整形外科

ヘルスケア本