スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

過剰なダイエットが口臭の元に!ダイエットが原因の口臭の予防法

更新日:2017/03/22 公開日:2016/01/23

口臭の原因と基礎知識

過剰なダイエットをすることで、思わぬ口臭を招くことがあります。今回はドクター監修のもと、過剰なダイエットがきつい口臭に繋がるメカニズムと、過剰なダイエットによる口臭を予防する方法について解説していきます。

無理なダイエットや過剰なダイエットが口臭を招くことがあります。ここでは、その詳細について紹介いたします。

なぜダイエットが口臭を招くの?

過剰なダイエットによる口臭には、具体的にどのような原因があるのでしょうか。ダイエットと関係のある口臭について詳しく見ていきましょう。

空腹時口臭

食後は唾液量が増す一方で、空腹状態では唾液の量が不足し、きつい口臭が起こりやすくなります。ダイエット中、いつも空腹であるという人はとくに注意が必要です。

緊張時口臭

緊張すると唾液の分泌が低下します。ダイエット中は、ストレスにさらされ、心がいつも緊張状態にある方もいらっしゃるのでは?

そんな方は、リラックスしてダイエットに取り組むように心がけてください。

ダイエット口臭といわれているもの

ダイエットをすると、独特な悪臭であるダイエット臭が気になってくる場合があります。これは、自分ではなかなか気づきにくいかもしれませんが、甘酸っぱい嫌なにおいであるといわれています。ダイエット臭は、身体から臭うこともあれば、口臭として現れることもあります。とくに、炭水化物の摂取を控えている人に起こりやすいともいわれています。

悪臭発生のメカニズムとしては、空腹やストレスによるエネルギー不足の状態で、身体の中性脂肪を燃焼すると、血液中に「ケトン体」という悪臭成分が発生してしまいます。血液中のケトン体の血中濃度が上昇し、肺にまで運ばれてくると、呼吸として悪臭が口から漏れ出てしまいます。

ダイエットによる口臭の予防法

ダイエットによる口臭の予防には、やはり無理なダイエットや過剰なダイエットを行わないということが一番です。ダイエットによる口臭であるなら、口臭の原因がはっきりとわかっているわけですから、その対策は比較的簡単と言えるでしょう。

ダイエットをするときは、バランスの取れた食事を3食しっかりと食べることが大切です。できるだけストレスを避け、空腹状態を回避することが出来れば、ダイエットによる口臭を減らすことができます。

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?