スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

胃痛や胃の不快感がある場合に行われる病院での検査

更新日:2016/12/09 公開日:2016/01/19

胃痛の原因と症状、対処法

胃の痛みや、不快感があるときは一体どのような病気を疑うべきなのでしょうか。胃痛や胃の不快感が原因で起こりうる病気と、レントゲン検査や内視鏡検査など病院で行われる胃の検査および治療について詳しく解説していきます。

胃痛や胃の不調時に考えられる病気と、病院で行う検査には、どのようなものがあるのでしょうか。

胃の痛みや不快感が原因で起こりうる胃の病気

胃けいれん

症状に対する呼称で、病名ではありません。数分から長いときで1~2時間、主にみぞおち付近に痛みが生じます。

胃潰瘍

食事中や食後に、胸焼けや吐き気がでたり、すっぱいゲップがでたりします。胃が出血している場合は、黒褐色の血を吐いたり、黒い便がでることもあります。

急性胃炎

カフェインや香辛料などの過剰摂取やストレスがあるとき、また、感染症状などがみられるときなどに起こる胃炎です。胃のむかつきや食欲不振が主な症状で、市販薬の服用や胃を休めたりすることで通常は治りますが、慢性化すると慢性胃炎になることもあります。

慢性胃炎

常に食欲不振や胃に不快感のある場合、慢性胃炎が疑われます。原因は、加齢による胃の老化のほか、過度の飲酒や喫煙、ピロリ菌の感染などがあります。

ポリープ

胃粘膜の表面にコブ状のふくらみが生じるものです。自覚症状があまりないため、検査で初めて見つかることが多いです。多くは良性で、治療の必要がないものがほとんどです。

逆流性食道炎

胸焼けや胸につかえる感じがある場合は、逆流性食道炎の疑いがあります。胃酸過多や食道の機能低下によって胃酸が逆流し、食道に炎症が起こるのです。

胃がん

初期症状はほとんどありませんが、進行すると胸焼けや吐き気などの症状が現れます。早期に治療すれば治る可能性が高いものの、がん細胞がほかの臓器に転移すると治療が困難になります。

医療機関で行われる胃の検査・治療

胃の形や影などを見るために行うのが、X線(レントゲン)検査です。X線は胃を透過してしまうので、バリウムという造影剤を飲み特殊な診察台に乗って撮影します。また、内視鏡検査(胃カメラ)は、超小型カメラを口から胃に入れて、胃の内部を見ます。使用する内視鏡は、細いものなら外径5mm程度と近年、とても細くなり、体にかかる負担も少しは改善されてきました。ピロリ菌の検査は、血液や尿、唾液などから、感染した時にできる抗体があるかを調べるものです。また、吐く息からその中に含まれている二酸化炭素を調べ、ピロリ菌の有無を判断する方法もあります。

多くの症状は服薬や胃の安静によって治癒できますが、遺伝的に心配な方や慢性的な胃の不快感がある方は、早期に病院での検査を受けることをおすすめします。

この病気・症状の初診に向いている科 内科

今すぐ読みたい