スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

バセドウ病の治療薬の副作用

更新日:2018/05/24 公開日:2016/02/17

バセドウ病の検査・治療

バセドウ病の治療に用いる抗甲状腺薬では、まれにではありますが重篤な副作用が出ることもあります。副作用の症状に早めに気づくには、どのような症状があるのかを具体的に知っておくことが大切です。バセドウ病の治療薬である抗甲状腺薬の副作用を説明します。

バセドウ病の治療薬の主な副作用と対策について解説します。

バセドウ病に用いる抗甲状腺薬は副作用の多い薬

バセドウ病の治療に使われる抗甲状腺薬は副作用が比較的多く、まれに生命にかかわる副作用が出ることもあるので見逃さないことが重要です。また、副作用は、服用を始めた時期や薬の変更時、あるいは服薬の中止後に再開した時点から2~3か月以内に現れることが多いといわれています。

主な副作用と対策

抗甲状腺薬に見られる副作用には、以下のものがあります。

じん麻疹、かゆみなどの皮膚症状

抗甲状腺薬を服用した人の4~6%程度に見られます。かゆみが軽い場合は薬に慣れると落ち着くこともありますが、抗甲状腺薬の変更や減量、あるいは抗ヒスタミン薬などのかゆみ止めを使うといった対処で皮膚症状は改善します。また、赤い発疹をともなう皮膚症状の場合は、薬の中止が必要なこともあるので早めに受診しましょう。しかし、バセドウ病そのものの症状ですでにかゆみがある人もいます。

肝機能障害

副作用として現れる肝機能障害は薬の服用を始めてから2週間~3か月頃までに起こります。

肝機能障害が一時的で、しかも軽度の場合には薬物療法を継続することもできます。しかし、黄疸の出現や肝機能のうちAST(GOT)やALT(GPT)などの値が高いときには薬の中止が必要になることも少なくありません。

なお、肝機能障害は薬の種類によって出現する頻度にやや差があり、メルカゾールに比べるとチウラジールやプロパジールに多くみられる副作用です。

肝機能の異常は、甲状腺機能が高くなることによって生じることもありますが、その場合は治療を受けて甲状腺機能が安定すると肝機能障害も改善する傾向があります。

無顆粒球症

白血球の中の顆粒球が少なくなり、細菌などの外敵から身体を守る機能が失われてしまうのが無顆粒球症です。白血球の低下によって、高熱やのどの痛み、倦怠感などが現れます。無顆粒球症が起こる頻度は0.1~0.2%ほどと非常にまれですが、放置すると命の危険も出てきますので、疑われる発熱やのどの痛みなどの症状が見られた場合は早急に受診しましょう。

なお、無顆粒球症の予防のためには、投与開始の約2ヶ月間は2週間ごとに通院し、血液検査によって顆粒球の減少をチェックすることが必要です。

この病気・症状の初診に向いている科 甲状腺科

ヘルスケア本