スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

歯の生え始め~3歳頃の子供のお口のケア・歯磨き

更新日:2016/12/09 公開日:2016/02/23

年齢別子供のお口のケア・歯磨き

歯磨きは、歯の生え始めとともに、習慣づけていきたいものですが、嫌がる子供も少なくないようです。そこで今回は、赤ちゃんに歯磨きに慣れさせる方法や、保護者が歯磨きをしてあげるときの注意点などをご紹介していきます。

歯の生え始め~3歳頃の子供のお口のケア・歯磨きのポイントを見ていきましょう。

歯の生え始め(生後6ヶ月頃)のケア

個人差はありますが、生後6ヶ月頃になると、多くの赤ちゃんは、下の前歯が生え始めます。歯が生えてきたら、歯磨きを開始しましょう。できれば、歯ブラシを使いたいところですが、最初のうちは、濡らしたガーゼ・綿棒などで、汚れを拭き取るだけでも構いません。

というのも、この時期は、唾液の分泌が盛んになってくる時期で、まだ歯にこびりつくような汚れもつきにくいため、ほとんどの汚れは唾液が洗い流してくれるからです。まずは、しっかり歯を磨くことよりも、赤ちゃんの警戒心をとき、歯磨きが楽しいものだと思わせることに重点を置きましょう。

また、赤ちゃんが虫歯になるのは、周りの人の唾液を介して、虫歯菌が感染するケースが多いといわれています。ですから、両親も定期的に歯科検診を受けるなど、口の中を清潔に保つように心がけましょう。そして、口移しをしたり、自分の使ったスプーンで赤ちゃんの口に食べ物を運んだりしないことも大切です。

また、虫歯菌は糖分を多くとると繁殖するので、ダラダラと甘いモノを食べさせたり、飲ませたりしないようにもしましょう。

母乳、ミルクをあげている時期は注意が必要

卒乳していない赤ちゃんは寝る前に母乳やミルクを欲しがり、飲みながら寝る場合が多いようで歯みがきのタイミングを逃してしまいがちです。

特に母乳は糖分が多いので飲みながら寝てしまうのが続いてしまうと虫歯のリスクが高くなってしまいます。赤ちゃんの月齢が大きくなり離乳食が進み、歯が増え始めたら卒乳の準備をはじめるのも予防の一つです。

卒乳が近づく頃には歯みがきも少しづつ習慣的になるとよいでしょう。

奥歯が生えてきたら寝かせ磨きを

赤ちゃんが、何でも口の中に入れたがる時期になったら、おもちゃの代わりに、乳児用の歯ブラシを持たせ、口の中に歯ブラシを入れることに慣れさせるのも良いでしょう。ただし、歯ブラシで喉を突いたりすることがないように、十分注意してください。

歯ブラシが持てるようになったとしても、この時期では、まだ「自分磨き」はできません。必ず親御さんが歯磨きをしてあげてください。歯磨きは、毎食後が理想ですが、嫌がるようなら、夜寝る前だけでも大丈夫です。

歯磨きをしてあげるときの姿勢は、最初のうちは、おっぱいをあげるときと同じような「抱っこ磨き」でも構いませんが、乳歯の奥歯が生えてきたら、正座した膝の上に頭を乗せて「寝かせ磨き」をするのがよいでしょう。寝かせ磨きなら、口の中がよく見渡せ、両手も使えます。

寝かせ磨きのポイント

  • 歯ブラシの毛先を歯の面に真っ直すぐ当て、小刻みに動かすようにして、歯を1本1本磨いていきます。力を入れ過ぎないように注意しましょう。力が入ってしまうとかなり痛くなりますので優しいタッチで。
  • 乳歯で虫歯になりやすいのは、上の前歯、奥歯、歯と歯の間、歯茎の境目です。磨き残しがないように重点的に磨きましょう。
  • 前歯を磨くときは、唇と歯茎をつなぐスジ(上唇小帯)を傷つけないように、人差し指で、上唇小帯をカバーしてあげてください。
  • あまり時間をかけ過ぎると、子供はだんだん飽きてきます。短時間で、手早くていねいに磨き、終わったらほめてあげるようにしましょう。

この病気・症状の初診に向いている科 小児歯科

関連Q&A

ヘルスケア本