スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

目の充血の解消法

更新日:2016/12/09 公開日:2016/03/29

目の充血

目が充血してしまったら、どのように対処すればよいのでしょうか。自分でできる解消法から、充血を予防するために注意したい点などをドクター監修の記事にて詳しくお伝えします。

目の充血の解消法について、以下でご紹介します。

目の充血の対処法(1)目薬

一言に目薬と言っても、種類はいろいろ。目が充血する原因に合わせて選ぶことが大切です。

眼精疲労が原因の場合

目に栄養を与えて充血を緩和させる「パンテノール」(ビタミン成分)や「タウリン」(アミノ酸類成分)が入った目薬を選びましょう。

できるだけ早く解消したい時は、血管を収縮させて充血を緩和させる「塩酸テトラヒドロゾリン」や「ナファゾリン塩酸塩」といった、充血除去剤入りの目薬を選ぶのもよいでしょう。ただし、これは薬の作用によって一時的に充血が治まるだけ。目を休ませて、疲れをとるよう心がけましょう。

花粉症などアレルギー性結膜炎の場合

目のかゆみを抑える抗ヒスタミン成分の「クロルフェニラミンマレイン酸塩」や、抗アレルギー成分の「クロモグリク酸ナトリウム」を配合した目薬があります。

感染性結膜炎の場合

細菌感染の場合は、菌の増殖を抑える抗菌成分「スルファメトキサゾール」配合の目薬を点眼。なお、ウイルス感染の場合は特効薬的な点眼薬はなく、基本的に体内で抗体ができるのを待ちますが、症状によっては副腎皮質ステロイド薬の目薬や抗ウイルス薬の目軟膏が処方されることもあります。

紫外線による炎症の場合

目に長時間、紫外線を浴びると炎症が起こり、充血することがあります(電気性眼炎、通称・雪目)。この場合は、消炎・収れん成分である「グリチルリチン酸二カリウム」や「イプシロン-アミノカプロン酸」を配合した目薬が有効です。

目の充血の対処法(2)目の乾燥予防

ドライアイによる目の充血が原因の場合は、

  • パソコンやスマホなどの画面を長時間、見続けないこと
  • 室内が乾燥している場合は加湿する
  • 涙の成分と似た人工涙液タイプの目薬を点眼する
  • 目が疲れたら、蒸しタオルで温めながら休憩する

などの対策を取りましょう。

目の充血の対処法(3)コンタクトレンズの長時間使用を避ける

コンタクトの装用時間は、1日12~14時間以内を目安に。また、コンタクトでのパソコン作業などは、より目が疲れたり、ドライアイの原因になります。目を酷使する作業の際は、メガネに替えるなどの工夫も大切です。

目の充血の対処法(4)医療機関への受診

目の充血は、病気の可能性もあるため、安易に自己診断するのは危険です。目の疲れを解消してもなかなか充血がひかない場合は、早めに医療機関を受診しましょう。特に、感染性の場合は、周囲にうつさないためにも早い診断が必要です。

なお、白目が広範囲に赤くなったり、血豆のようなものができた場合は、充血ではなく、結膜下の血管が破れて出血する「結膜下出血」の可能性があります。外傷やお酒の飲み過ぎなどがきっかけで起こることがありますが、通常は1~2週間で自然に吸収されます。この赤みがなかなかひかなかったり、何度も再発するような場合も、医療機関を受診しましょう。

ヘルスケア本