スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

コンタクトレンズがずれる原因と対処法

更新日:2016/12/09 公開日:2016/02/29

コンタクトレンズの基礎知識

コンタクトレンズがずれてしまって、困ったという経験はありませんか。コンタクトレンズがずれる原因、そして、もしずれてしまったときにどう対処したよいのか、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

コンタクトレンズがずれることで、見えにくくなったり、目から落ちてしまったりということがないように、その原因を知り、対処法を身に着けておきましょう。

コンタクトがずれる原因もさまざま

レンズのデザインと使う人の角膜や結膜の形状とあっていなければ、レンズは、ずれをおこします。レンズの処方に問題がないとすれば、治療が必要となる原因は次のようなことがあげられます。

コンタクトレンズと目にとって、潤滑油や接着剤の役割をするのが涙です。パソコンを凝視する時間が長い場合などは、まばたきが不足しがちになります。また、湿度が低く乾燥している部屋にいると、ソフトレンズは脱水して形状が変化してしまい、角膜にはり付いたり、ひどいと落下することもあります。

最近のシリコンハイドロゲルソフトレンズと呼ばれるレンズは、含水率が低めで、なおかつ酸素透過率も非常に高いものがあり、乾燥しやすい方はこちらのレンズへの変更を考えるとよいです。また、含水性のないハードレンズでも接着剤の役割の涙液が薄くなれば、ずれたり外れたりする原因となります。

レンズの汚れや、レンズ自体の刺激が原因で生じる巨大乳頭結膜炎は、上まぶたの裏側にぶつぶつができるアレルギー性結膜炎で、レンズが上の方にずれやすくなります。上の方にずれだした、と自覚症状がでる頃にはかなり重症化している可能性が高く、治療にも時間がかかり長期のレンズ使用の中止が求められます。まずは治療が第一となります。

一般的なコンタクトのずれの対処法

コンタクトレンズがずれた場合、まず、どこにあるか探しましょう。

耳側にあるとき

鼻に近いところで鏡を持ち、横眼で鏡を見ます。指で目尻を押さえて、まぶたの上からレンズを固定します。顔は動かさないようにして、鏡に映った目を見ながら、ゆっくり耳の方へ鏡を動かしましょう。

鼻側にずれた場合

耳に近いところで鏡を持ち、横眼で鏡を見ます。指で目頭を押さえて、顔は動かさないようにして、鏡の中の目を見ながらゆっくり鼻側まで動かしましょう。

上にずれた場合

利き手ではない手で顔の下の方で鏡を持ち、顔は動かさずに鏡を見ます。指でまぶたを上げ、まぶたの上からコンタクトレンズを固定します、顔は動かさないで、鏡の中の目を見ながら鏡を上まで動かしましょう。

下にずれた場合

鏡を顔の上の方で鏡を持ち、上目使いで鏡を見ます。指でまぶたを上げ、まぶたの下からレンズを固定します。顔は動かさないで、鏡に映った目を見ながらゆっくり下の方まで戻しましょう。

万一、目の奥の方に移動してしまった場合でも、結膜は袋状になっているので、目の裏側にいくことはありません。

コンタクトのずれの対処時の注意点

ずれを解消する際、必ずコンタクトレンズや目を傷つけないように、爪を短く切り、滑らかに整えておきます。指先までハンドソープで丁寧に洗い、清潔なタオルやペーパータオルでしっかり拭き取りましょう。はり付いてうまくいかないときは、焦らずに人口涙液などを点眼して保湿してから行うのもよいでしょう。可能な限り防腐剤無添加の使い切り点眼をおすすめします。どうしても自分でずれを解消できない場合は、無理せず、眼科医を受診してください。

ヘルスケア本