スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

喉や息が苦しいときはなにが原因?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/02/29

喉にまつわるさまざまな症状

喉や息が苦しいという場合、安静時にも苦しくなるのか、それとも動いたあとだけ苦しくなるのかで、疑われる病気が違ってきます。今回は、それぞれのケースの原因と考えられる病気を紹介していきます。

喉や息が苦しいときに、原因の可能性がある病気を見ていきましょう。

安静時も苦しい場合

安静にしていても、喉や息が苦しい場合は、次の病気の可能性があります。

咽頭・喉頭狭窄

咽頭(鼻の奥から食道の入り口部分)や喉頭(咽頭と気管の間の部分)の内腔が狭くなっている状態のことです。咽頭・喉頭の腫瘍、炎症による腫脹・浮腫、扁桃肥大、先天性狭窄などの原因が挙げられます。

鼻閉(鼻づまり)

アレルギー性鼻炎や花粉症、副鼻腔炎などにより鼻がつまると息苦しさを感じることがあります。鼻閉により、夜間にいびきや睡眠時無呼吸が生じることもあります。

アデノイド増殖症

「アデノイド(咽頭扁桃)」は、鼻の奥の突き当り(咽頭の一番上)にある免疫に関係するリンパ組織です。誰でも幼児期には、アデノイドが大きくなるものですが、大きくなりすぎたり、炎症が起きたりして、さまざまな症状が現れるのが「アデノイド増殖症」です。アデノイド増殖症になると、鼻の空気の通り道が狭くなるので、慢性的な鼻づまり、口呼吸、いびきなどの症状が出ます。また、放置していると、口をぽかんと開けた独特の顔つき(アデノイド様顔貌)になったりもします。

過換気症候群

「過換気症候群」は、精神的なストレスが原因で呼吸が大きくなり、過換気状態(血液中の二酸化炭素が排出されすぎ体内二酸化炭素濃度が正常よりも低下した状態)に陥った結果、認められるさまざまな症状のことで、「過呼吸症候群」とも呼ばれます。息苦しさのほかに、頭痛、めまい、口の周りや手足のしびれ、動悸などの症状が現れ、重症になると、失神や痙攣(けいれん)が起きることもあります。

このほかに、「気管支・肺疾患」「心疾患」の可能性も考えられます。

動いた後に苦しい場合

歩いたりするなど、体を動かした後に喉や息が苦しい場合は、次の病気の可能性があります。

慢性気管支炎

「気管支炎」は、気管支の粘膜に起きる炎症のことで、咳や痰などの症状が出ます。急性と慢性があり、慢性気管支炎は、ほかの病気が原因ではない咳や痰が2年以上連続して、毎年(主に冬場に)3か月以上、ほぼ毎日続く場合を指します。

喘息

「喘息」は、気道が慢性の炎症で過敏になり、ちょっとした刺激で痙攣し、発作を起こしてしまう病気で、背景にアレルギーが関係しているケースが多いと考えられています。息苦しさのほかに、喘鳴(ぜんめい:呼吸をするときにゼーゼー、ヒューヒューという音がする)、咳・痰などの症状が見られます。

このほかに、「肺疾患」や「心疾患」の可能性も考えられます。

これらの症状をともなう病気は数多く存在します。ここで紹介しているのは、その一部分に過ぎません。自己判断に頼らず、異変を感じたら医療機関を受診しましょう。