スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

フッ素入りの歯磨き粉について

更新日:2017/08/02 公開日:2016/02/29

歯磨き粉の基礎知識

虫歯予防で広く知られるフッ素は、国内の歯磨き粉のうち約80%に配合されています。ドクター監修の記事で、フッ素入りの歯磨き粉が歯にどのような働きをするのか、フッ素をなるべく口の中に残すには、どうすれば良いかを解説します。

虫歯予防に有効な成分として注目されているフッ素は、歯垢(プラーク)の中で細菌の活動を抑制する効果や、歯の質を強化し、酸によって溶けたエナメル質を修復するといった働きがあります。フッ素の性質や、フッ素入り歯磨き粉の効果的な使い方について解説します。

フッ素とは

フッ素(F)は、自然にある元素のひとつで、身近なところではお茶や海藻、魚介類などの食品にも含まれています。フッ素は単一の元素として存在せず、厳密に言うと虫歯予防に使われるものは「フッ化物」もしくは「フッ素化合物」を意味しています。

今や、国内のチューブの歯磨き粉の約90%にフッ素が配合され、広く普及していますが、長期間使い続けることで虫歯予防率は大幅にアップします。フッ素は使用量を誤らなければ体に害はなく安全で、自宅や歯科医で塗布するフッ素は、たとえ使用量の10倍を塗ったとしても体に悪影響はありません。とはいえ、多く使えば効果も大きくなるわけではなく、適切な時間に適量を使うことが大切です。

歯におけるフッ素の働き

歯や口の中を健康に保つためのフッ素の働きには、次のようなものがあります。

(1)歯を強くする

唾の中にフッ素があると、歯の表面を覆うエナメル質と反応して、酸に溶けにくい強い歯を作ります。

(2)細菌の働きを抑制する

フッ素には抗菌作用があり、口の中の細菌の働きを弱めます。そのため、細菌が酸を作り出す働きも抑えられ、虫歯の原因となる歯垢(プラーク)を作りにくくします。

(3)歯の石灰化を促進する

歯から溶け出したカルシウムやリンを再石灰化し、虫歯になりかけている状態を修復する効果があります。

フッ素には虫歯の予防だけでなく、初期の段階(エナメル質の表層まで)であれば虫歯になりかけている部分を修復する力もあるのです。

口の中にフッ素を残すためには

フッ素を少しずつ浸透させるためにも、毎回の歯磨きでフッ素入りの歯磨き粉を使うことをおすすめします。歯が溶け出すことを脱灰(だっかい)と言いますが、この現象は食事のたびに起こります。唾には脱灰した歯を修復(再石灰化)する働きがあり、フッ素は唾の働きを強力にサポートし、歯の再石灰化を促進します。口の中にフッ素がなるべく残るよう、フッ素入りの歯磨き粉で歯を磨いた後は、少なめの水で1~2回ゆすぐ程度にすると良いでしょう(フッ素の濃度を保つため)。

歯磨きのたびに少しずつフッ素を口の中に取り入れ、虫歯予防を実践しましょう。

この病気・症状の初診に向いている科 歯科

関連Q&A

ヘルスケア本