スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

レスベラトロールを使った化粧品の効果は?

更新日:2017/05/11 公開日:2016/03/22

レスベラトロールのよくある疑問

「レスベラトロール」は、ブドウや赤ワインなどに含まれるポリフェノールの1つですが、美容効果もあるとされ、化粧品にも配合されています。そこで今回は、レスベラトロールを使った化粧品に、どんな効果が期待できるのかをお話していきます。

美容面やアンチエイジングとして注目されているポリフェノール「レスベラトロール」を使った化粧品には、どのような効果が期待されているのでしょうか。ここでは、レスベラトロールの化粧品の効果について解説していきます。

肌の弾力キープ

レスベラトロールには、コラゲナーゼやエラスターゼの活性を抑える作用があり、肌の弾力を維持する効果が期待されています。

肌の弾力を支えているのは、皮膚の「真皮」という層にある「コラーゲン」と「エラスチン」という2種類の線維です。コラーゲンは、真皮に網目状に張り巡らされており、エラスチンは、その網目の線維が重なる部分をつなぎ止める役割をしています。しかし、紫外線を浴びたりして、肌に炎症が起こると、これらの線維を分解する「コラゲナーゼ」や「エラスターゼ」という酵素が活性化されてしまうのです。

うるおい効果

レスベラトロールは、ヒアルロニダーゼの活性を抑えることで、肌のうるおいや柔軟性の維持に役立つ効果が期待されています。

真皮のコラーゲンとエラスチンの隙間は、「ヒアルロン酸」というゼリー状の物質で埋め尽くされています。ヒアルロン酸には高い保水力があると言われており、皮膚の水分や柔軟性を維持する役割を持っています。ところが、紫外線などによって肌が炎症を起こすと、ヒアルロン酸を分解する「ヒアルロニダーゼ」という酵素が活性化し、肌のうるおいが損なわれてしまうのです。

美白効果

レスベラトロールには、チロシナーゼの活性化を抑制することで、メラニン色素の過剰な生成を防ぐ効果があるとされています。

シミやくすみができるのは、皮膚の中でつくられた「メラニン色素」が、ターンオーバ(皮膚の新陳代謝)とともに排泄されず、表皮に蓄積されてしまうからです。メラニン色素は、「チロシナーゼ」という酵素が紫外線を浴びるなどして活性化することで生成されます。

肌荒れ防止

レスベラトロールは、できものの悪化やかゆみ、発赤などを抑える抗炎症作用もあるといわれています。これはレスベラトロールに、炎症を引き起こす「NF-κB(エヌエフカッパービー)」という転写因子を抑制する働きがあるからです。NF-κBは、紫外線や細菌への感染などによって活性化されますが、レスベラトロールは、その活性化を阻害することがわかっています。

ニキビ予防

ニキビとは、古い角質によって塞がれた毛穴の中に皮脂が詰まり、そこに「アクネ菌」が繁殖して、炎症を起こしている状態ですが、レスベラトロールは、アクネ菌に対する抗菌作用あることが確認されています。また抗炎症作用もあるので、ニキビの発症と悪化を抑える効果が期待されています。

これらの効果は確実にあるわけではありません!

上記にあげたレスベラトロールを含んだ化粧品に期待できる効果は、必ずしも得られる効果ではありません。化粧品による効果には個人差があるだけでなく、その他に含まれている成分によって肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。また、レスベラトロールの成分で反応してしまう可能性もありますので、まずは自分のお肌に合った化粧品を使うことが重要です。

レスベラトロールの効果については、まだまだ研究が続いている状況です。私たちの肌にとっても嬉しい効果が期待できるとよいものですね。