スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ストレスを溜め込むほど老化が加速する?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/04/13

適度な緊張感や張り合いは人生にとって大切なことですが、過剰なストレスは、心だけではなく肌にまで悪影響を与えます。「イライラしていると老ける」というのは、あながち間違いではないことも、ここを読むとうなずけるかもしれません。

ストレスが多い人ほど、老化につながる可能性

ストレスを受けるとイライラしたり、緊張したり、不安な感情が出てくることがあります。その一方、体内では大量に活性酸素が発生。活性酸素には、外部からウイルスが侵入したときに殺菌・解毒するなどの体に必要な働きがありますが、過剰に増えすぎると体の細胞を酸化させてしまうため、老化を早めたり、病気を引き起こしたりする原因になります。

身近なところでは、鉄が酸化して(錆びて)もろくなったり、リンゴの切り口が酸化して茶色く変色したりするようなイメージです。同じように、肌細胞が酸化してダメージを受けると、肌のすこやかさを保つ機能が衰えて、シミ・ソバカスの増加やターンオーバーの乱れ、糖化などの老化現象につながっていきます。

心まで老けてしまう習慣

ストレスをためていると、気持ちの面でもネガティブになりがちです。すると、眉間にシワを寄せたまま過ごしていたりします。顔がこわばってシワを寄せたままでいると、表情ジワとして定着していくので注意したいところです。また、疲れているからとスキンケアをさぼったり、ファッションや見た目に気を使わなくなったりするのも、オバさん化の第一歩。みずみずしい心を保つためにも、ストレスケアは大切です。

ストレスを溜めない=美肌の条件!

ストレスを全く溜めこまない、ということはできませんが、少しでもストレスを溜めないように過ごすことはできます。そこでとても重要なのが「基本的な生活習慣を整えること」です。食事による栄養バランスや睡眠リズムなどを整えることは、ストレスのダメージを受けにくいすこやかな心身を育む基本です。何でも限界まで頑張ってしまう方は、少し肩の力を抜いて、たまには手抜きをしたり、休みを取って気分転換をしたりする時間も持つようにしましょう。

また、おしゃれをしたり、スポーツをしたり、おいしい食事をたべたりなど、自分の好きなことをすることは、ストレスをためないもっとも簡単な方法。そうすることで、脳が快楽物質を分泌して、ストレスが軽減されるのです。どうすると気分転換になるのかは人によって異なるので、自分の感性で選ぶようにしましょう。

カテゴリー