スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

生理前の動悸の原因と改善法

更新日:2017/12/07 公開日:2016/03/28

PMSの症状・生理前のトラブル

生理前に動悸がするときは、PMSとそれ以外の病気とを見分ける必要があります。PMSによる動悸であった場合の改善方法、なかなか治らない動悸の対処法、それ以外の病気との見分け方についてドクター監修のもと解説します。

生理前の動悸がおきるのはなぜでしょうか。原因と改善法、治療について紹介します。

生理前の動悸の原因

生理前になると動悸がするという人は、PMS(月経前症候群)の症状の現れかもしれません。とはいえ、心臓や他の病気である可能性もあるので、自己判断は禁物です。

生理前は女性ホルモンのバランスが大きく変化するときです。生理が終わった後は卵胞ホルモンが多く分泌されていましたが、生理前になると黄体ホルモンが多く分泌されるようになり、卵胞ホルモンの分泌量が減少していきます。

この大きなホルモンバランスの変化は、自律神経を乱して交感神経の優位を招き、体だけでなく精神にも不調をきたします。その結果、動悸、不眠、イライラといった症状がおきると考えられます。

PMS以外の病気との見分け方

動悸は、甲状腺機能亢進(こうしん)症や心臓、血管系の病気などによってもおこります。生理前に偶然そうした病気が原因で動悸があった場合、PMSと見分けることは難しいのですが、生理が始まってしばらくしても動悸があるようであれば、PMS以外の病気を考え病院を受診しましょう。

生理前の動悸の改善法

生理前に限られた動悸であれば、心身ともに安静にすることが一番です。副交感神経を優位にさせ、リラックス効果をもたらすラベンダーなどのアロマを楽しんだり、カモミールなどのハーブティーを飲んだりしてゆっくりと過ごしましょう。

生理前におきる動悸の治療法

生理前から出始めた動悸が生理後には治まるとしても、生理前の動悸が原因でQOL(生活の質)が下がってしまうほどつらいものであれば、病院で検査を受けましょう。

医師には、生理が始まると動悸はなくなるか、なくならないか、ということを告げましょう。PMSの診断がしやすくなります。また、動悸の強さなどによっては、PMS診断のためのホルモン検査と同時に、貧血や甲状腺機能亢進(こうしん)症などの検査も必要になります。

ヘルスケア本