スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

生理前のお腹の張りは解消できる?

更新日:2017/12/07 公開日:2016/03/28

PMSの症状・生理前のトラブル

生理前のお腹の張りに悩んでいませんか。それはPMSの症状かもしれません。生理前にお腹が張る原因と解消策について、ドクター監修のもと解説します。

生理前に経験する人も多いお腹の張りの原因と、解決方法について紹介します。

生理前に起こりやすいお腹の張りの原因

生理前は黄体ホルモンの分泌量増加のため、水分を体の外にうまく出せなくなり、むくみやすくなります。そのとき、腸も連動してむくんできます。これが下腹部の張りとして症状に出ることがあります。

また、この時期は受精卵が着床しやすいように子宮の内膜も厚くなるため、子宮も膨張してきます。

さらに、黄体ホルモンが増えることで、腸のぜん動運動も低下します。黄体ホルモンの分泌量増加にともなって、神経伝達物質であるセロトニンの分泌量が減少。その影響で自律神経のバランスが乱れて交感神経が優位に働き、腸などの消化器官の動きを鈍らせてしまいます。

そのため、腸に老廃物が停滞し、腸内の腐敗を促す悪玉菌が増えることにより、ガスが発生するなど下腹部の張りが強くでてしまうのです。

生理前のお腹の張りを解消する方法

マッサージによって、たまっているガスを放出すると、お腹の張りがラクになります。お腹を湯たんぽなどでよく温めた後、お腹を「の」の字を書くようにマッサージしてみましょう。「の」の書き終わりが肛門の上の直腸あたりなので、ガスがぬけやすく、便秘の解消にも有効です。

マッサージのポイントは、仰向けになってひざを立てるなどして、お腹の筋肉を緩めてから行います。下腹部を左右にひねるのも効果的です。また、お腹を締め付ける下着をつけない、アルコールを飲み過ぎないようにすることでも、お腹の張りが改善します。

軽い運動も効果的

腹式呼吸が基本のヨガやストレッチでも、お腹の張りを改善することができます。また、散歩もおすすめです。速足で少し息が上がるぐらいに歩き、次はゆっくり歩く、これを繰り返してみましょう。歩く速度を変えようとすると、お尻から下腹部に自然と力が入り、腸のぜん動運動を促進させます。

軽いハイキングレベルの山歩きもいいでしょう。頂上に向けて歩いていると、途中でトイレに行きたくなる人がいますが、これは腸のぜん動運動が促された結果なのです。無理なくしっかり足を使うことは、お腹のガスを抜いて張りを解消する方法の一つです。

また、山歩きのように外に出て歩くことは、美しい自然を眺めたり、鳥の声を聞いたり、視覚・聴覚的にも適度な刺激が加わることで、よい気分転換にもなります。

今すぐ読みたい

ヘルスケア本