スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

生理前のだるい症状を緩和する方法は?

更新日:2017/12/07 公開日:2016/03/28

PMSの症状・生理前のトラブル

生理前になると、体がだるくなることがあります。このだるさの原因や改善方法、また、PMS、PMDDの可能性について、ドクター監修のもと解説します。

生理前のだるさの原因と、それをやわらげる方法を解説します。

生理前にだるいのはなぜ?

生理前の黄体ホルモンの分泌量増加は、体内に水分を停滞させてしまうため、むくみが生じやすくなります。また、生理が始まると、黄体ホルモンの分泌量が減少するため、今まで黄体ホルモンの影響で高かった体温が下がってしまいます。このため、生理初期では体が冷え、血行不良になることがあります。

このように、生理前や生理初期の頃はむくみや体の冷え、血行不良のため、体がだるくなると考えられています。

また、生理前、黄体ホルモンの分泌量が増加するとき、精神安定作用のあるセロトニンの分泌が低下します。そのため、抑うつ、不眠などになりやすく、それがだるさの原因とも考えられます。

生理前のだるい症状は、血行改善とむくみ改善食で緩和

生理前のだるい症状は、血流を促すことと、食事でむくみを改善することでやわらげることができます。

軽めの運動や呼吸、背伸び

下半身を冷やさないように保護したうえで、軽めの運動やストレッチを行うと全身の血流がよくなります。仕事などで毎日忙しい方の場合、まずは少し空いた時間でもできる深呼吸や、背伸びから始めてみましょう。それだけでも、だるさの改善が期待できます。

食事でむくみを改善

むくみを改善するためには、まずは塩分の摂り過ぎに気をつけること。塩分を摂り過ぎると水分を体内に溜めこみやすくなり、むくみ、だるさの原因になります。また、カリウムが多い食材を積極的に摂ることもおすすめです。カリウムは塩分を体外に排出し、水分代謝を促す性質があります。

カリウムが豊富な食品には、アボカド、ホウレンソウ、枝豆、バナナ、干し柿、さつまいも、納豆などがあります。

なかなか改善しない場合はPMS、PMDDの疑いも

生理前のだるさがなかなか改善しない場合は、PMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)かもしれません。

PMSについて、詳しくは『「PMS」(生理・月経前症候群)って、何?』、PMDDについては『「PMDD」(月経前不快気分障害)って、何?』をご参照ください。

ただし、生理周期に関係なくだるさが続くのであれば、内臓の病気やうつなどの精神的な病気が潜んでいる可能性もあります。自己判断は避け、早めに病院を受診しましょう。

今すぐ読みたい

ヘルスケア本