スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

生理痛があるときは、運動してもいいの?

更新日:2018/01/30 公開日:2016/03/28

  • この記事の監修ドクター

    この記事の監修ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

生理痛があるときに、運動をしてもいいかどうかをお話していきます。

軽い運動は生理痛を緩和する効果も

結論からいうと、生理痛があるときも症状がそれほど強くなければ、軽い運動をしても構いません。むしろ、体を動かすことで、痛みが緩和されることもあります。

生理痛が起きる原因のひとつとして、「プロスタグランジン」というホルモンによるものがあります。プロスタグランジンは、子宮を収縮させ経血を外に押しだすホルモンです。その分泌量が多いと子宮が強く収縮してしまい、痛みが起こります。

また、生理痛に悩まされている人には、全身の血液循環、特に骨盤内の血行がよくない人が多いといわれています。これは、骨盤内の血流が悪いと経血が排出されにくくなるため、プロスタグランジンが過剰に分泌されるからです。

しかし、適度な運動は血行をよくし、骨盤内のうっ血を改善することができます。また、ストレスは自律神経のバランスを乱し、血流を悪化させ生理痛を招きますが、体を動かすことで気分がすっきりしストレス解消にもなります。

無理は禁物

生理中に激しい運動をするのはNGです。気持ちいいと思う程度の軽い運動に留めておきましょう。簡単な体操やウォーキング、ストレッチなどなら手軽にできておすすめです。

また、経血の量が多い人は、貧血を起こしやすい傾向にあります。大量に汗をかくような激しい運動は、貧血症状を悪化させる可能性があるため、無理しないようにしましょう。また、生理痛がひどい人も無理は禁物です。

貧血気味の人や、ひどい生理痛に悩まされている人は、自己判断でどうにかしようとせず、まず婦人科のドクターに相談してみましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー