スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

水虫って遺伝するの?

更新日:2017/08/16 公開日:2016/03/28

水虫のよくある疑問

水虫は、接触機会が多いと現れやすいといわれていますが、家族に水虫の人がいると、水虫になる可能性は高くなるのでしょうか。ここでは、水虫と遺伝の関係について、ドクター監修の記事で詳しく解説します。

親が水虫だと、子も水虫になる確率が高いという説もありますが、水虫は遺伝するものなのでしょうか。ここでは、水虫の遺伝について解説します。

水虫は遺伝するのか

結論からいうと、水虫が遺伝するかどうかについての答えは「遺伝しない」になります。その理由は、水虫は白癬菌(はくせんきん)による感染症であり、遺伝病ではないからです。

ただ、水虫は夫婦間では感染しにくいですが、親子間では感染しやすいということがよく知られています。それは、水虫になりやすい体質や体型は遺伝しやすいといわれるからです。

水虫自体は遺伝しませんが、汗をよくかく、足の指が密着している、脂性であるなど、水虫になりやすい体質、体型は優性遺伝するため、親子間で感染しやすいようです。どちらかの親が水虫だと子供が水虫になる確率は2分の1、両親とも水虫だとさらに高確率で水虫になりやすいと考えられています。

接触しなければ大丈夫

水虫になりやすい体質や体型が優性遺伝しても、白癬菌に接触しなければ水虫にはなりません。水虫は、遺伝的体質に関係なく、誰にでも発症する可能性がありますので、日常生活で感染しない行動が必要になります。

家族で水虫になる原因とは

家族で水虫になる原因は、接触機会の多さにあります。家庭内で共有しているスリッパ、家族共用のバスマットやタオルなどによって白癬菌が感染します。また、家のほこりの中にも白癬菌がいることあります。床や畳、カーペットはこまめに掃除し、清潔に保つことが大切です。また、人だけでなく動物にも白癬があります。白癬にかかっている犬や猫に接触しても感染することがあります。

白癬菌は、ケラチンを栄養として繁殖するカビです。ケラチンは、皮膚の表面の角質層に存在します。角質層に侵入するまでに少なくとも最低1日ほどかかるといわれていますので、毎日こまめに足を洗うようにしましょう。

今すぐ読みたい

ヘルスケア本