スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

もしかして水虫?水虫の見分け方とは

更新日:2017/08/16 公開日:2016/03/28

水虫のよくある疑問

水虫の主な症状といえばかゆみですが、初期段階では自覚症状がない場合もあります。かゆみがなくても水虫と気づくにはどのような点に注目すればよいのでしょうか。水虫の見分け方について、ドクター監修のもと解説します。

水虫は指の間がジュクジュクしてかゆいというものだけでなく、自覚症状がない場合もあります。ここでは、水虫の見分け方について見てみましょう。

かくれ水虫にご用心

かくれ水虫とは、かゆみや皮むけなどのはっきりとした症状が出ていないのに、白癬菌が取りついている状態のことを言います。水虫には、いくつかのタイプがあり、足の指の間がジュクジュクするもの、水疱ができてかゆみが出るものは比較的自分で気づきやすいですが、たとえば、足の裏全体の角質がごわごわしてくる角質増殖型水虫などは気づきにくいこともあります。こういった気づきにくい水虫の場合、未治療の状態であることも少なくありません。このような「かくれ水虫患者」はたくさんいると考えられています。

かくれ水虫によって感染が拡大する

かくれ水虫は、症状に気づかないまま、家のカーペットや畳の上に角質片を落としています。このはがれ落ちた角質などを経由して家族感染を起こすなど、感染を拡大させていることもあります。かゆみや皮むけなどのはっきりとした自覚症状がなくても、日ごろからきちんと皮膚をチェックして、異変があれば早めに治療しましょう。

早めにかくれ水虫に気づくための見分け方

ジュクジュクもなく、かゆみもないかくれ水虫を見抜くポイントは、足の状態をしっかりとチェックすることが基本です。足裏や指の間の皮がめくれている、皮膚がかさついている、小さな水ぶくれがあるといった場合は、かくれ水虫かもしれません。また、足の爪が濁って分厚くなっていたり、足裏がひび割れたりしている場合も、かくれ水虫の可能性があります。

白癬菌は、角質層や爪に寄生するためその部分を切り取り、顕微鏡で診断します。この検査は、直接鏡検といわれ、白癬菌の有無を調べることになります。水虫と診断された場合は、医師に従いしっかり治療を行いましょう。

ヘルスケア本