スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

代謝アップが期待できる?リンパマッサージの効果

更新日:2016/12/09 公開日:2016/03/28

ダイエットにおける代謝の基礎知識

むくみやこり、冷えなど、さまざまな体の不調に効果があるリンパマッサージは、代謝を上げるのにも効果的。リンパマッサージが代謝をアップするしくみなどについて、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

リンパマッサージにはリラックス効果がありますが、それ以外にも期待できる効果(血液循環がよくなる、むくみがとれる)があります。ただし、すべての人に効果があるわけではなく、リンパの流れが滞ることで肩こりや冷え、むくみなど体の不調がある方に効果的です。

リンパマッサージとは

西洋医学の概念である「リンパ」とは、静脈に沿って全身に張り巡らされたリンパ管と、その中に流れるリンパ液、首の周辺やわきの下、関節などにあるリンパ節のことをまとめた呼び名です。

リンパ管の中を流れるリンパ液が滞ることで、体に老廃物が溜まります。リンパは、この老廃物を体の外へ出すように働きます。また、体内に侵入した異物から体を守る免疫機能も併せ持っています。

このリンパ液が体の中を滞りなく流れるためには、運動などによる筋肉の収縮が不可欠。リンパの流れをよくして体の不調を改善するために考えられたのが、「リンパマッサージ」です。

リンパマッサージによる代謝アップ効果は本当?

リンパマッサージをすることで直接的に代謝がアップするというわけではありません。正しくはリンパマッサージをすることで、むくみや体のこりが楽になり、高いリラックス効果は乱れた自律神経を整えてくれることが期待できます。

その結果として、低下していた体の機能も戻り(疲労回復につながり)、代謝アップにつながることが考えられるのです。あくまで間接的な効果になるため個人差もありますし、マッサージを施す側の技量にも左右されることが考えられます。

個人でリンパマッサージは行ってもいいの?

リンパマッサージは、正しい知識と方法が必要です。むやみに行ったり、強い力でマッサージをすることで、体調を悪化させてしまう場合もあるので、行うときは注意が必要です。よく雑誌でもマッサージ方法が取り上げられますが、どこにリンパ管があるのか、どのようにマッサージをするのか、どれくらいのチカラで行うのか、よく読んでから行いましょう。

こんなときはリンパマッサージを控えましょう

食後2時間以内、飲酒後、妊娠初期、皮膚にケガや湿疹があるとき、病気やひどく疲れているといった体調不良時などは、リンパマッサージを控えてください。

今すぐ読みたい