スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

風邪の予防にうがいが効果的と言われる理由

更新日:2018/05/14 公開日:2016/03/28

風邪の予防・ホームケア

一般的に行われている「うがい」ですが、その習慣は日本だけのものだとか。うがいのウイルス・細菌への除菌や殺菌の効果と、風邪予防効果を示す研究結果、インフルエンザにも効果があるかについて、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

昔から、風邪予防のため、うがいをするようにいわれてきましたが、その習慣は日本だけのものだとご存知でしょうか。そのため、日本では、うがいが本当に風邪やインフルエンザなどに効果があるかどうか研究がされています。ここでは、意外と知らない「うがい」のさまざまな効果、うがいの風邪予防効果への研究結果などについて紹介します。

うがいのウイルス・細菌への効果

うがい薬を使った場合、殺菌力や化学的洗浄効果で、口から侵入するウイルス・細菌などに効果があります。

しかし、のどを「ガラガラ」させるうがいは日本独自のものです。海外では、口の中をすすぐくらいで、日本のうがいのようにのどまで水を行き渡らせることはありません。

そのため、うがいは科学的な根拠がないということで、疑問視されてきました。

うがいの風邪予防効果を示す研究結果

2002~2003年、京都大学のグループが、全国で18~65歳の合計約380名を対象とした、うがいの風邪予防効果などについて検証しました。世界初のうがいによる風邪予防効果の無作為割付研究が行われたのです。

「水でうがい」「ヨウ素系うがい薬でうがい」「なにもしない」の3群に分けた、2か月間の調査によると、「水うがい」は「なにもしない」に比べて風邪の発症が40%減少し、うがいの風邪予防効果が実証されました。

一方、「ヨウ素系うがい薬でうがい」と対象群(「何もしない」群)には差がなく、正常細菌のバランスが、うがい薬によって壊されたためではないかとの推測でした。

ヨウ素系うがい薬の使用頻度が多いと、粘膜を傷つける可能性もあります。効果があるからといって、うがいをする際はうがい薬にも注意が必要です。

インフルエンザにも効果があるの?

上記の研究結果は風邪予防のみであって、インフルエンザは含まれていません。このため、インフルエンザ予防におけるうがいの効果はわかっていません。

しかし、紅茶うがいでインフルエンザへの有効性を示した研究結果もありますので、一概に効果がないとは言い切れません。詳しくは、『紅茶うがいはインフルエンザ予防に効果的?』を参照してみてください。

今すぐ読みたい

ヘルスケア本