スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

口腔ケアスポンジの効果的な使い方

更新日:2017/07/20 公開日:2016/04/20

口腔ケアの基礎知識

口腔ケアスポンジは柄の先端についたスポンジで、口の中の汚れを除去したり、マッサージや保湿に使用したりするのに便利なアイテムです。ここではドクター監修の記事で、口腔ケアスポンジの特徴と効果的な使い方について解説します。

口腔ケアスポンジは、口の中の粘膜を傷つけずにやさしく掃除できるアイテムで、介護を必要としている人に対して介護者や医療従事者が使用します。ここでは口腔ケアスポンジの使い方と注意点について解説しています。

口腔ケアスポンジとは

口腔ケアスポンジとは、柄のついたスポンジブラシで、スポンジ部分で汚れを取り除きます。スポンジを水でぬらして、頬の内側や歯茎、上あごなど口の中の粘膜を傷つけずに掃除することができます。大きな汚れを取り除くのに使いやすく、口の中の掃除のほかにマッサージや保湿にも便利で、うがいのできない方やむせやすい方の口腔ケアにおすすめです。

口腔ケアスポンジには、さまざまな形状、硬さ、サイズなどがそろっています。価格帯も広いので口の状態に合ったものを選びましょう。

口腔ケアスポンジは、くりかえし使える?

口腔ケアスポンジを繰り返し使うことはしないでください。水洗いして何度も使えそうですが、ケアのたびにスポンジに残った雑菌を口の中に戻しているのと同じです。ウイルスや感染症予防のため、1回の使用で捨てるようにします。もちろん、複数人での共有もしないでください。

口腔ケアスポンジの使い方

使い方の大まかな流れを見てみましょう。

口腔ケアスポンジの準備

水やマウスウォッシュ洗口液で湿らせて、水分がしたたり落ちないように固めにしぼります。清掃している間は、こまめにスポンジを水洗いしながら使いますので、清潔を保つために水洗い用と湿らせ用のコップを別々に用意します。

口の中の清掃

口の中の汚れを、スポンジでなぞるようにして拭き取ります。食べカスによる誤嚥(※1)を予防するため、口腔ケアスポンジは上あごから下あごへ、奥から手前へと動かすようにしましょう。スポンジの動かし方の一例としては、上の歯の外側を1往復、内側も同様に1往復したら、上あごの奥から手前に向かって数回やさしくなぞる方法がおすすめです。下の歯も同様に外側を1往復、内側を1往復します。

口腔ケアスポンジの性質や特徴を生かして、口の中の汚れをすみずみまで取り除くようにしましょう。

※1:誤嚥(ごえん)…食べ物などが気管に入ってしまうこと

口腔ケアグッズはほかにも

口腔ケアの道具はスポンジだけではありません。口腔内の状態によって適切なアイテムが異なります。

口の中が乾燥している場合

口腔ケアウエッティーは水分を含んでおり、水を使わずに粘膜のケアを行えます。使い方も介護者または医療従事者の指に巻き付けてふくだけなので手軽に使えます。

舌に汚れが付着している場合

口臭予防と口腔内の清潔さを保つためにも、舌の汚れ取りは必要です。舌ブラシは舌の汚れを取るための道具です。しっかりと汚れを取って、キレイに水洗いができる商品を選ぶと良いでしょう。素材は柔らかい商品を選ぶとケアされる方への負担も軽くなります。

口臭予防の観点から、舌を清潔に保つと同時に口腔内の保湿を行うことも大切です。高齢者は口腔内が乾燥していることが多いため、保湿剤を使って口腔内のうるおいケアも平行して行うと、より高い効果が期待できます。

関連Q&A

ヘルスケア本