スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

あそこが黒い…陰部の黒ずみはレーザーで消せる?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/04/28

日本人が黒ずみやすいといわれる原因と、その治療法について解説します。

日本人が黒ずみやすい理由と気をつけたいセルフケア

肌が黒ずむ原因には、メラニンが関係しています。日本人は、もともとメラニンの保有量が多いとされています。さらに、肌は年齢を重ねることや、ホルモンなどの影響を受け色素沈着していき、黒ずみとなってあらわれます。特に陰部は皮膚が薄く、肌着や衣服による刺激を受けやすい場所であることや、生理などの影響を受ける場所でもあるため、黒ずみやすいと考えられているのです。

方法にもよりますが、セルフケアによる脱毛を繰り返すことも黒ずみの原因と言われています。毛を抜いたり剃ったりすることは肌への負担が大きい行為であり、黒ずみの原因となります。また、ナプキンを何時間も交換しなかったり、汚れた下着何日も着用し続けたりといった不衛生な環境が原因となって肌の炎症が起こり、黒ずむこともあります。性交渉の経験人数が多い人ほど黒ずみやすいというのは全く根拠のない話で、医学的にも黒ずみとは関係ないことも証明されています。

陰部の黒ずみはレーザーで改善される

デリケートゾーンの黒ずみは、レーザー治療で改善することができます。レーザー光線を皮膚の深部、真皮内に到達させ、メラニン色素を破壊します。

メラニン色素は破壊されると、肌のターンオーバーを繰り返し、表皮からはがれていきます。そのターンオーバーの原理を利用し、レーザーを照射することで黒ずみを消していきます。

しかし、長い歳月をかけてできた黒ずみは非常に頑固で、一度の施術ですべてのメラニン色素を破壊するのは難しいため、何度か施術を繰り返すことが必要です。レーザー治療の施術料は、クリニックや施術方法によって異なるため、興味がある方はクリニックに問い合わせてみましょう。また、自分の肌にあった方法を選択することをおすすめします。

陰部のレーザー治療の注意点

シミの種類によって適したレーザーの種類があります。医療機関で行われる治療の中でも、レーザーの種類は複数存在します。

中でも、弱いパワーでレーザーをあて、刺激を与えないようにしながらメラニンを破壊するレーザートーニング治療は、陰部のレーザー治療のひとつとして注目があつまっています。いずれにしても、治療後の日常生活やケアを注意しなければ、黒ずみをくりかえすことになるので、ケアには気をつけましょう。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー