スキンケア大学 メンズスキンケア大学

化粧品は使える?傷跡を隠すための方法とは

更新日:2018/01/30 公開日:2016/04/16

  • この記事の監修ドクター

    この記事の監修ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

顔の傷跡が残っている、もしくは治りかけている場合、外出の際に傷跡をなるべく目立たなくしたいと思うものです。しかし、傷跡をうまくカバーするにはどうしたらよいか、そもそも化粧をしてよいのかなど、疑問や不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?ここでは、そんな疑問や不安についてお答えいたします。

傷跡に化粧はしてもいいの?

傷跡やその周辺の部分は、周りの皮膚よりも敏感になっています。そのため、傷跡にコンシーラーやファンデーションを塗ると刺激を与え、傷跡の炎症を悪化させる要因となります。

肌のコンディションが悪いときは、傷跡にファンデーションを塗らないことが望ましいですが、やむを得ず傷跡に化粧をするときは、厚塗りをせず、清潔なスポンジを使うことが大切です。肌に負担の少ない傷専用のコンシーラーも市販されていますので、そちらを使うとよいでしょう。

また、ファンデーションを落とすときに、強い洗浄効果のある洗顔料やクレンジング剤を使用すると、肌への負担が大きく、傷跡にも好ましくないので気をつけましょう。

ファンデーションテープを使う方法も

傷跡に負担をかけずに隠す方法として、「ファンデーションテープ」の使用があげられます。ファンデーションテープは、テープ状の貼るタイプのファンデーションのことです。

ファンデーションテープは貼るだけで、医療用テープよりも手軽に傷を隠すことができます。濃い傷跡は色が薄くなる程度ですが、深い傷も目立ちにくくなります。防水性の高い素材を使用していますので、汗や水に濡れてもはがれず、1週間程度貼ったままで過ごせます。

温泉や銭湯、プールなどでも使えるので、これまで人目が気になって躊躇していた公共の場所に出かけるときは、水に濡れてもはがれないファンデーションテープを使うとよいでしょう。

傷に負担が少ないものや傷専用のメイク商品も

切り傷や擦り傷、やけどなどの傷跡にも使えるファンデーションとして「ミネラルファンデーション」というアイテムも市販されています。ミネラルファンデーションは、1970年代にアメリカで手術の痕や火傷の痕を隠したり、肌にトラブルのある人でも使えるようにと開発されたファンデーションです。

その後日本にも入ってきたもので、現在では日本製のミネラルファンデーションも発売されています。鉱物由来の粉末を主成分とし、防腐剤や香料、界面活性剤などは使われていません。そのためクレンジングは不要で、1回の洗顔で肌に負担をかけることなく簡単に落とせることも特徴です。

また、日本の化粧品メーカーでは、光の特性を利用して、あざや傷跡を隠すファンデーションも開発されています。

そのほか、傷跡を隠すためには、リハビリメイクという方法もありますので、ぜひチェックしてみましょう。

詳細が気になる方は、『QOLの向上を目指すリハビリメイクとは』で詳しく触れていますので、ご覧ください。

今すぐ読みたい

カテゴリー