スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

色とりどりの新色から口紅を選ぶのは、女性にとって心おどる瞬間ですよね。でも、いざとなると、どんな色が似合うのかわからなくなることも。メイクのプロ監修のもと、似合う色の口紅を選ぶポイントをご紹介します。

自分に似合う色の口紅がもつ効果とは

似合う色とは、自分に調和したバランスのいい色のこと。本来もっている魅力を引き出し、肌までも美しくみせてくれる色です。

  • 似合う色の口紅を塗ると
  • いきいきとして血色よくみえる
  • 肌の透明感を感じさせる
  • 明るく、健康的で若々しく見える

似合わない色を選ぶとどう見える?

  • 血色が悪くなって見える
  • 肌がくすんで見える
  • 疲れて不健康に見える
  • 年齢より老けてみる
  • クマやシミなどの肌の色ムラが目立つ
  • 唇だけ浮いて見え、バランスが悪い

テスターやサンプルで試してみるのが一番ですが、試す色を選ぶのさえ苦労するときもあるでしょう。そこで覚えておきたいのが、肌色のトーンで見きわめる方法です。

まずは自分の肌のトーンを知ろう

すべての色は、大まかにブルーベースとイエローベースに分けることができます。

例えば、同じピンクでも、ヘルシーな印象のサーモンピンクはイエローベース。みずみずしさを感じるローズピンクはブルーベース、といった具合です。

肌も同様に分けることができ、肌と口紅のベースカラーを合わせると、似合う色の口紅が選びやすくなります。

黄みの強い肌はイエローベース、透明感のある肌や、青白い肌はブルーベースとなります。自然光のあたる場所で、日焼けしていない腕の内側で見てみましょう。

肌のトーン別・口紅の色の選び方

ブルーベースさんにおすすめの色

青みがかった色、透明感を感じる色がおすすめです。ローズピンク、ピンクベージュ、ボルドーレッド・ベリーレッドなどを目安にしてみましょう。オレンジ系は浮いてしまいがちです。

イエローベースさんにおすすめの色

黄みがかった、健康的で温かみを感じる色がおすすめ。ピーチピンク、オレンジ、コーラルベージュ、コーラルピンク、オレンジレッドなどです。

チークを選ぶときも、上記を参考にしてください。また、アイシャドウの色もトーンを合わせるとメイクに統一感が生まれます。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー