スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

アロエの保湿作用を利用してアンチエイジング

更新日:2016/12/09 公開日:2016/05/20

アンチエイジングには、肌のうるおいを保つ「保湿」が欠かせません。アロエの保湿作用を利用したアンチエイジングのポイントをご紹介します。

アロエには美肌効果がいっぱい

アロエは「医者いらず」と呼ばれ、昔から民間療法などに使われてきた植物。健康面だけでなくその美肌効果も昔から活用されてきました。

たとえば、世界三大美女のひとりである古代エジプトの女王クレオパトラの美肌もアロエでつくられたともいわれています。クレオパトラは、アロエの葉肉から取れる汁をベースにしたジェルや化粧水をつくって肌にうるおいを与え、エジプトの強い日差しから美しい肌を守っていたといわれているそうです。

アロエの保湿効果をアンチエイジングに活用

アロエに含まれる成分には、エイジングの原因でもある活性酸素を除去する作用やコラーゲンの産生を促す働きがあるとされ、肌の老化防止の面でも注目されています。

また、アロエに含まれる多糖類により、保湿効果も高いので、紫外線で乾燥した肌に適しているともいわれています。ドラッグストアなどに並ぶ日焼け後のケア用品に「アロエ成分」配合のクリームやローションが数多くあるのはそのためです。

肌にハリとうるおいが与えられることで、肌のコンディションが改善するとともに、見た目の印象がより若々しくなるという効果もあると考えられます。

食べても効果を発揮してくれる

アロエは、肌に「塗る」だけでなく「食べる」ことによっても美肌効果が期待できます。ここでは、簡単に作ることのできるレシピを紹介しましょう。なお、食べる際は、キダチアロエではなくアロエベラの方が苦味が弱いので食べやすくおすすめです。

アロエのお刺身

アロエのトゲの部分を切り落として皮をむき、水で洗ってアクを取り、薄くスライスしてお刺身に。おろししょうがやわさび、かつおぶしなどとともに、しょうゆをかけて食べます。

アロエのデザート

アロエのお刺身同様に水で洗ってアクを取った後、細かいサイコロ状にアロエを切り、フルーツやヨーグルトにトッピングします。切ったものを冷凍しておいて、そのままヨーグルトなどに入れてもよいでしょう。

アロエジュース

アロエの葉を5cmぐらいの長さに切ってトゲの部分を切り落とし、洗ったものを野菜やフルーツと一緒にミキサーにかけます。砂糖やハチミツ、バナナなどを入れると飲みやすくなります。

カテゴリー