スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

速効型インスリン分泌促進薬とは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/05/20

糖尿病に使われる治療薬(飲み薬)について

糖尿病の薬には、いろいろな種類のものがありますが、「速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬)」は、他の薬とどんな違いがあるのでしょうか?ここでは、速効型インスリン分泌促進薬の特徴や服用の際の注意点などを、ドクター監修の記事で解説します。

糖尿病の薬物療法に用いられる「速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬)」について見ていきましょう。

速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬)の目的

食事をすると、摂取した糖質がブドウ糖に分解され、血液中に取り込まれるので、血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が急上昇します。すると、すい臓から「インスリン」というホルモンが分泌され、血糖が肝臓や筋肉、脂肪組織に取り込まれるので、血糖値が下がります。

このように、健康な人の場合は、インスリンが正常に作用することで、血糖値が常に一定範囲にコントロールされています。しかし、糖尿病の人は、インスリンの分泌量が低下していたり、肝臓や筋肉などのインスリンに対する感受性が悪かったりするために、血糖コントロールがうまくいかず、血糖値が高い状態が続いてしまうのです。

糖尿病の飲み薬には、いくつかタイプに分類できますが、「速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬)」は、すい臓に働きかけて、インスリンの分泌量を増やすタイプの薬です。

速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬)の特徴

インスリンの分泌量が増やす薬は、他にも「スルホニル尿素薬」があります。しかし、スルホニル尿素薬は、作用時間が長く、多くの場合1日の血糖値を全体的に下げるのに対し、速効型インスリン分泌促進薬は、服用して30分ほどで作用が現れ、その作用が数時間で消えるのが特徴的です。

服用時のポイント

このため速効型インスリン分泌促進薬は、食後高血糖を改善する目的で、1日に3回、食事の直前に服用します。

速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬)の副作用

速効型インスリン分泌促進薬は、服薬時間を守って正しく服用すれば、「低血糖」を起こしにくい薬です(低血糖の詳しい解説は、『スルホニル尿素薬(SU薬)とは』の記事をご覧ください)。しかし、作用が短時間で現れるので、服用後に食事が遅れると、低血糖を起こすことがあります。

また、食事前に薬を飲むのを忘れたからといって、食中・食後に服用した場合も、血糖値が上昇するピークと薬の効果が現れるピークがずれ、低血糖になることがあります。このため、必ず食事の直前に服用することが重要です。特に、肝機能や腎機能が悪化している人は、低血糖を起こしやすいので注意しましょう。

ヘルスケア本