スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

足底筋膜炎の手術について

更新日:2018/06/05 公開日:2016/05/23

足底筋膜炎の治療法

足底筋膜炎の治療は基本的にストレッチやテーピングといった保存療法が第一選択となります。保存療法でほとんどの足底筋膜炎が軽快しますが、ごくまれに手術が検討されるケースがあります。ここでは、ドクター監修のもと、足底筋膜炎の手術について解説します。

足底筋膜炎の治療は保存療法が基本であり、ほとんどの場合、手術の必要なく改善します。しかし、非常にまれではありますが手術が検討されることもあります。

足底筋膜炎で手術が検討されるケースとは

足底筋膜炎の多くはストレッチやテーピングなどの保存療法によって軽快します。しかし、以下のような場合は手術が検討されることもあります。

  1. さまざまな保存療法を長期間続けてもいっこうに改善が見られない場合
  2. 立ち仕事に就いている人やプロスポーツ選手など、足底筋膜炎により仕事に支障が出る場合
  3. いつ改善するかが明確にわからない保存療法を希望しない場合

しかし、この中でも手術が実施されるのは非常にまれと考えてよいでしょう。

足底腱膜炎で行われる手術とは

足底筋膜炎の手術では、足底腱膜の痛みのもととなっている部位を切り離す手術が行われています。最近では、この手術に内視鏡という小さなカメラが用いられるようになり、内部を覗きながら取り除くべき部分だけを確実に切り離すことができるようにもなっています。これにより、手術の傷が小さくすむようになりました。

このように、手術も進歩してきていますが、手術はあくまで最終的な手段であり、一般的な治療法ではありません。

体外衝撃波治療の出現によって手術は減少している

近年、もともと尿路結石の治療として行われていた体外衝撃波療法という治療法が足底筋膜炎の治療として認められ、効果を上げています。

この治療法により、手術を行わずに難治性の足底筋膜炎を改善できるケースが増えてきています。

足底筋膜炎の体外衝撃波治療に関しては、『足底筋膜炎の体外衝撃波治療とは』で詳しく解説しています。