スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ED治療薬とは

更新日:2018/01/30 公開日:2016/06/26

ED治療薬の種類

性的な興奮を感じても勃起が起こらない勃起不全(ED)を改善するための治療薬とはどのようなものなのでしょう。ED治療薬の種類や効能、勃起不全(ED)が治る理由など、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

勃起不全(ED)の治療に使われるED治療薬とは、どのような効果があるのでしょうか?治療薬の種類や副作用について、見ていきましょう。

勃起不全の治療で使われるED治療薬の作用とは?

勃起不全(ED)とは「満足な性交が行えない状態」のことをいいます。勃起が起こらないケースだけに限らず、硬さが不十分、勃起状態が維持できないなどの場合も勃起不全に該当します。また、そうした状態がたまにしか起こらないケースや勃起しないかもと本人が不安を感じている場合もED治療の対象とみなされます。

そもそも勃起は、性的な興奮が脳からペニスに伝わり、陰茎の血管が拡張し引き起こされます。この血管拡張に重要な役割を果たすのが「サイクリックGMP」という物質です。そして、陰茎内にはこの物質を分解する「PDE5」という酵素も同時に存在しています。PDE5は、射精後などに勃起を終えるために必要なものですが、性交時にPDF5が増えすぎてしまうとサイクリックGMP がよく働かなくなるため、ED(勃起不全)を引き起こす原因になるのです。

ED(勃起不全)の治療で使われる薬は、この「PDE5」の働きを阻害することで、サイクリックGMPが正常に働ける状態に導き、勃起を持続させる効果を持っています。

日本で認められているED治療薬の種類

日本では下記の治療薬が認められています。

バイアグラ

世界で初めてED治療薬として開発された薬です。空腹時に服用することで効果を発揮しますが、食事と一緒に服用すると効果が現れる時間が遅れる、効果が半減するなどの影響を受ける特徴があります。また、副作用として顔のほてり、目の充血が出る場合があります。

レビトラ

バイアグラに次いで2番目に開発・承認されたED治療薬です。バイアグラより大容量の服用が可能なため持続時間が長いのが特徴です。バイアグラよりは軽度ですが、食事の影響で効果が変化するため服用のタイミングには注意が必要です。副作用には、顔のほてり、鼻づまり、頭痛などがみられる場合があります。

シアリス

持続時間が24~36時間と長いのが特徴です。食事の影響を受けにくく、効き目もマイルドでED治療薬のなかで副作用がも少ない傾向があります。

個人輸入による注意点

「病院に行くのが恥ずかしい」「病院よりも安く入手したい」などの理由から、インターネットなどでED治療薬を個人輸入をする方も少なくないようです。しかし、個人輸入したED治療薬には偽物が含まれていたとの報告もあり、ネット購入者の中には健康被害に悩まされる人もいました。

偽物には、正規品に含まれない成分が含まれている可能性があり、実際、服用した人のなかには痙攣や意識低下、脳血栓などの健康被害にあったという報告もされています。

日本では、医療機関で処方された薬を適正に使用したにもかかわらず、副作用による健康被害が出た場合の救済制度がありますが、個人輸入代行などで入手した薬を服用して副作用が出た場合は適用となりません。安全性やリスクを考えると、個人輸入のED薬を使用することは避けておくことをおすすめします。

ED治療薬は必ず医師による処方のもとで使用を

EDは、原因を特定し、しかるべき薬を適量服用することで治療を進めるものです。医療機関できちんと診察を受けたうえで、医師から処方された薬を正しく服用することが大切です。