スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ED治療薬「バイアグラ」の働きや注意点

更新日:2018/01/30 公開日:2016/06/26

ED治療薬の種類

勃起不全(ED)治療薬として有名なバイアグラ。ジェネリック医薬品も登場し、使用しやすくなったバイアグラとはどんな薬か、特徴、効能、服用の注意点などについて、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

ED治療薬として、もっとも歴史のあるED治療薬「バイアグラ」には、どのような効果や副作用があるのかを見ていきましょう。

ED治療薬として話題を呼んだバイアグラ

バイアグラは、アメリカのファイザー社で開発され、ED治療薬として世界で初めて認可された薬です。1998年にアメリカで発売、日本では1999年に認可されたもっとも歴史のある薬でもあります。日本での発売元は日本ファイザー株式会社です。

はじまりは別の治療薬として開発されたもともとは狭心症の治療薬として開発されましたが、抗狭心症薬としての有用性は認められず、その反面、臨床試験に協力した多くの被験者から陰茎勃起の報告があったため、ED治療薬として路線を変更、開発されました。

また、バイアグラという名称の由来は、「VITAL(生き生きとした)」と「NAIAGARA(ナイアガラの滝)」の2つの単語をとり「ナイアガラの滝のように精力が溢れ出る」という意味が込められています。

バイアグラの特徴

バイアグラは青いひし形の錠剤です。日本で承認されている規格は25mg、50mgの2種類のみ。海外では100mgまで承認されていますが、日本では1回あたりの内服は50mgまでとされています。

バイアグラの働き

バイアグラは服用後、早ければ15分ほどで効果が出始め、4~5時間程度、その効果が持続します。性行為の1時間前に水で服用するのが一般的です。バイアグラの有効成分は「シルデナフィル」という成分で、勃起を妨げる酵素(PDE5)の発生を抑え、陰茎海綿体への血流を増加させる作用のある「環状グアノシン一リン酸」という物質の形成を促進する効果をもっています。血管拡張作用によって海綿体の血管も広げることができ、それにより勃起に必要な血流が増えるため、勃起不全が改善されるという仕組みになっています。

服用する際のポイント

服用するタイミングは空腹時になります。食事と一緒に服用すると効果が現れるのが遅れたり、半減するなどの影響を受けるので、なるべく空腹時に服用することが重要です。薬の成分が身体に吸収された後に食事をするのは問題ありません。

誤解してはいけないのは、バイアグラはあくまでも勃起したときの補助薬だということです。性的に興奮させる作用や性欲を増進する作用はないので、性的欲求および性的刺激がなければ勃起は起こりません。バイアグラを飲むとずっと勃起したままというわけではないので安心してください。

バイアグラの副作用について

バイアグラには血管拡張作用があるので、顔のほてり、目の充血などの副作用は多くの人に現れることがわかっています。血圧が2~3程度下がることもよくあります。頭痛、動悸、鼻づまり、光に敏感になるなどの副作用が出る人もいますが、薬が効いているあいだの4~5時間程度でおさまるようであれば、特に問題はないとされています。

併用できない薬

硝酸剤や塩酸アミオダロンを含む抗不整脈薬との飲み合わせは厳禁です。飲み薬だけでなく、貼り薬、舌下錠、注射、吸入剤も含まれるので注意してください。ほか、狭心症の治療に使われるニトログリセリンも、血圧が急激に低下するなど、命の危険をともなう症状が現れる場合があるためバイアグラの服用は控えましょう。また、その他の薬を服用中の方も必ず医師に薬名を伝え、許可を得てからバイアグラの服用を始めましょう

バイアグラを服用してはいけないケースとは?

以下の持病をもつ方は、バイアグラを服用することで命に関わる重篤な副作用が起こる場合があります。そのため、医師の診断を受け、許可を得てから服用を始めましょう。

  • 心臓や血管の病気
  • 低血圧(最大血圧90mmHg未満もしくは小血圧50mmHg未満)
  • 高血圧(最大170mmHg以上、または最小100mmHg以上)
  • 網膜色素変性症(進行性の夜盲症)→過去に病歴のある人も含まれます。
  • 重症の肝臓病

その他、以前バイアグラを服用して副作用が出た経験のある人は服用を控えましょう。持病によって性交渉を禁止されている人も同様です。

バイアグラのジェネリック医薬品について

バイアグラは保険適用外の薬のため、診断から処方まで含め、すべて自費診療となります。しかし、ED治療薬のなかで、バイアグラはジェネリック医薬品が認められており、価格的な選択が可能となっています。

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れた後に厚生労働省の承認を得て製造・販売される、新薬と同じ有効成分、同じ効き目がある薬のことです。開発費が抑えられるため先発薬に比べ、価格が安く抑えられるという特徴があります。

バイアグラのジェネリック医薬品を使用したい場合は、必ず医師に処方してもらった薬を使用するようにしましょう。