スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

バイアグラで見かける「ジェネリック」とは

更新日:2018/01/30 公開日:2016/06/26

ED治療薬の種類

ED治療薬のなかでもっとも歴史のあるバイアグラにはジェネリック医薬品があります。バイアグラと同等の効果が得られるうえに、安価なジェネリック医薬品とはどういったものなのか?気になる効果や安全についても、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

ED治療薬について調べた時や、医師の処方などでも耳にするバイアグラの「ジェネリック医薬品」。近年、ジェネリック医薬品とは、ED治療薬に限らず耳にするようになりました。しかし、実際にどのような医薬品であるかを知らない方はまだまだ多いようです。

バイアグラの「ジェネリック医薬品」とは?

バイアグラのジェネリックは、国内では「シルデナフィル錠」という名称で、発売されています。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは?

ジェネリック医薬品とは「後発医薬品」のことです。医薬品は多くの医薬品メーカーによって開発されますが、最初に開発・承認された薬は特許の対象となり「先発医薬品」として、一定の期間は知的財産権が保護され世に送り出されます。その間は、他社から同様の成分と配合比率で製造した薬を販売することはできません。いわゆる出版物や発明などにおける著作権と同じものです。

特許期間が過ぎ、他社が同様の薬が作れるように

先発医薬品の特許期間が過ぎると、他の製薬会社でも先発薬の作り方に準じて同様の医薬品が製造・販売が可能となります。これまで一社による販売だったので価格も一定でしたが、他社が参入することで低価格で販売されることになります。

バイアグラをジェネリック医薬品で活用するメリット

ジェネリック医薬品の一番のメリットは「価格がやすい」という点があげられます。さらに、ジェネリックは先発薬より新しい製剤技術を応用することができるため、品質改良が進み、飲みやすさや扱いやすさなどにおいて優れたものも多く存在します。

実際、バイアグラのジェネリックでは、OD錠(唾液だけですぐに溶け、水なしで服用可能な錠剤。薬独特の苦みが軽減されている)や、レモン味、コーヒー味などのフレーバー付きも登場しています。

国内で販売されているジェネリックは、先発薬とは添加物の成分が異なり、まったく同じ薬ではありません。しかし安全性については先発薬と違いはないため、新たなED薬の選択肢として注目されています。

バイアグラのジェネリックを購入する際の注意点

バイアグラのジェネリックは、日本のものだけでなく、海外にも存在します。日本で発売され、医師が処方するジェネリックは、厚生労働省の認可を受けており、安全性が証明されています。しかし、海外のものは偽造薬も多く、不純物混入による思わぬ健康被害が起きることも少なくありません。

ネット販売や個人輸入代行などを利用して、比較的簡単に入手できてしまいますが、見た目だけでは判別できないものがほとんどなので注意が必要です。

また、日本には「医薬品副作用被害救済制度」といって、国内の医療機関で処方された薬を適正に服用して重い副作用が出た場合に保障が受けられる制度がありますが、個人売買や個人輸入で入手した海外からの医薬品を服用して副作用が出たなどの被害にあっても、適用とはならないことを知っておきましょう。

真剣に治療するなら医師による処方を

ED治療薬のジェネリック医薬品を国内で入手する場合も、バイアグラ同様、医師の処方せんが必要です。ジェネリックもバイアグラ同様、副作用が現れる場合があるほか、併用禁忌の薬や持病により使用できないケースがあります。安全に確実に治療を行うために、医師の診断を受け、自分に合ったED薬を処方してもらうようにしましょう。

バイアグラより安価に利用できるジェネリック。費用がネックとなって治療に踏み切れなかった人には、ジェネリックでの治療が選択肢となるでしょう。