スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

乳糖不耐症の症状について

更新日:2016/12/09 公開日:2016/06/22

乳糖不耐症の基礎知識

乳糖不耐症になった場合に起こる主な症状についての詳細を、ドクター監修による記事にまとめています。先天的なものと後天的なもので異なってくる症状の現れ方や、収まる理由などを解説します。

乳糖不耐症になると、どのような症状になるのでしょうか。特に、ミルクを主食としていてうまく自分の症状を伝えられない赤ちゃんは、普段と変わったことがないか注意深く観察してあげることが重要になってきます。

症状が生まれたときからのものなのか、一時的なものなのか、しっかりと見極めることが大切です。

乳糖不耐症の症状とは

乳糖分解酵素(ラクターゼ)が欠損したり、活性が弱かったりすることで起こる乳糖不耐症の症状は、分解できなかった乳糖によって引き起こされます。乳糖が摂取されることにより、下痢、嘔吐、腹痛、鼓腸(腸管などにガスが溜まりおなかが張る腹部膨張)、腹鳴(おなかがゴロゴロ、グゥーと鳴ること)といった症状が出てきます。

下痢は、酸性便と言って、すっぱいにおいの水っぽい便になります。さらに胃痙攣の症状を起こす場合もあり、重症なケースでは、体重が減少してしまうこともあるので注意が必要です。

乳糖不耐症の症状の程度は、乳糖分解酵素が欠損しているのかどうか、どの程度酵素活性が低下しているか、摂取した乳糖の量はどのくらいかにより変わってきます。乳糖不耐症の症状は、その原因が乳糖の摂取なので、乳糖を含んだものの摂取をやめることによって症状は消えていきます。

赤ちゃんの乳糖不耐症の症状とは

母乳を主食とする赤ちゃんの場合は、先天的な乳糖不耐症の場合と、後天的な乳糖不耐症の場合とでは、症状の現れ方が違ってきます。

赤ちゃんがミルクを飲んだ後、酸性便(すっぱいにおいの水っぽい便)の下痢や吐乳(飲んだミルクを吐く)といった乳糖不耐症の症状が出た場合、それが一時的なものなのかどうかが重要になってきます。

先天的乳糖不耐症

先天的に乳糖分解酵素が欠損している先天的乳糖不耐症の場合は、酵素が欠損しているゆえに、生後まもなくの授乳で激しい下痢や吐乳を起こします。このため、脱水症状や栄養障害といったものに注意する必要があります。

後天的乳糖不耐症

一方、二次性の乳糖不耐症ともいわれる細菌・ウイルス感染による胃腸炎からくる後天的な乳糖不耐症でも下痢や吐乳が見られます。しかし、この場合は、胃腸炎による腸粘膜傷害により乳糖分解酵素活性が一時的に低下しているものなので、原因となっている胃腸炎が治れば、乳糖不耐症も治ります。

生後まもなくの授乳では異常がなかったのに、下痢や吐乳した場合は、この二次性の乳糖不耐症が疑われます。二次性の乳糖不耐症であれば、乳糖を除去したミルクなどに変えることで症状が改善してきます。

成人の乳糖不耐症の症状とは

成人は、母乳を主食とする赤ちゃんとは違い、成人していくにつれ乳製品をあまり採らなくなると、乳糖分解酵素活性が低下してきます。

乳製品を多く摂る習慣のある北西ヨーロッパの白人系の人の多くは、歳をとっても乳糖分解酵素をしっかり産生できます。しかし、日本人を含む多くの民族では、離乳後、乳糖分解酵素活性が低下してきてしまいます。したがって、たまに牛乳を多く飲んだりすると、お腹がゴロゴロ鳴ったり、下痢や吐き気がしたりするといったことが起こります。

症状が重い場合、他の栄養素も吸収されずに排泄されてしまうこともあるので注意が必要です。症状としては、乳製品を食べてから30分から2時間後に、腹痛や急激な便意が起こってきます。