スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

内痔核の症状

更新日:2016/12/09 公開日:2016/06/25

痔核の基礎知識

内痔核の症状には、どのようなものがあるのでしょうか。こちらのドクター監修による記事では、痛みの有無をはじめ、どのような違和感があったら発症を疑うべきなのかも解説しています。進行具合による変化についても一緒に解説しています。

多くの人が発症する可能性を持っている内痔核という病気。その症状についてこちらの記事でご紹介いたします。肛門付近に違和感がある人や排便時に出血がある人など、内痔核を疑っている人は以下の症状がないか自己チェックしてみてはいかがでしょうか。

内痔核は通常痛みは感じない

内痔核の特徴は、痛みがないということです。内痔核ができる場所は、腸内粘膜のあたりであるため痛覚がありません。

痛覚がない場所にできることから、はじめのうちは気づきにくいのが内痔核です。しかし、患部の膨らんだ部分が傷付いた場合や破裂したときなどは、肛門からの出血によって気づくことができます。

このときに治療を受けないまま悪化させると、しだいに内痔核は大きくなり、やがて垂れ下がってくるようになります。垂れ下がった内痔核が肛門付近の痛覚がある部分にまで到達すると、ようやく違和感を覚えてきます。人によってはその違和感を残便感だと思い、いきんでさらに悪化させることもあるので注意が必要です。

悪化した内痔核は、排便などで肛門からふとした拍子に飛び出し(脱肛)ます。すると、気になるのが下着の汚れです。腸内粘膜の位置にできる内痔核が垂れ下がってくるため、腸内粘液も伝ってきてしまうのは言うまでもありません。

腸内の粘液や便で下着が汚れたり、肛門周辺が常にベタベタした状態になったり、痛みがなくとも酷い不快感にさいなまれます。

内痔核で一番自覚しやすい症状は出血

内痔核は、初期の段階ではほとんど痛みなどの自覚症状がありません。そのため、大きくなって肛門付近にまで垂れ下がるか、あるいは便などで擦れたり患部が破裂したりした際の出血で発覚することが多いでしょう。

出血の原因は、表面に傷がつくか、イボに流れ込む血液量が一気に増えたことによる破裂です。傷がついた程度では便の表面に血が付着しているか、お尻を拭いたときにトイレットペーパーに血がつくなど、ごく少数の出血に留まります。

一方で、破裂した際はイボを形成するほどの大量の血液が一気に噴き出すため、驚くほど大量の出血となります。ポタポタと滴ることもあれば、勢いよく流れることもあります。

血の色は真っ赤な鮮血が多いのですが、まれに黒っぽくなった血が出ます。これは出血から時間が経って血液の色が変化した内痔核からの出血であるケースもあれば、別の病気である可能性も考えられます。

一般的には鮮やかな血の色は腸から肛門にかけて、黒っぽい血の色はそれより上の消化器官の異常だといわれています。このようなケースもあるため、自己判断はせず、出血らしいものが見られたら専門医に診断をあおぐことをおすすめします。いずれにせよ出血がみられた場合は、自己判断で済ませることなく専門医による診察を受け、必要に応じて大腸内視鏡検査をあわせて行った方が安全です。

内痔核の症状の分類

内痔核の症状は、その状態から大きく分けて4つに分類できます。Ⅰ度~Ⅳ度と区別し、Ⅰ度のうちはほとんどの人が気付かないほど自覚症状が皆無で、Ⅱ度からⅢ度にかけてようやく異常に気付くというパターンが多いです。

Ⅰ度の段階で気付くのは、痛みがないのに出血があった場合。痛みがないため出血量によっては放置されることもあります。

  • Ⅰ度:初期症状で痛みもなく違和感もない。出血がある。
  • Ⅱ度:内痔核が垂れ下がり、違和感がある。排便時に出てくるが自然と戻っていく程度。
  • Ⅲ度:排便時や重いものを持ったときなどに簡単に脱肛する。指で押すと戻る。
  • Ⅳ度:指で押しても戻らない。常に脱肛した状態。

Ⅰ度やⅡ度は、ほとんどが生活習慣の改善など簡単な対策で治ります。この状態のときに治療できればよいのですが、Ⅲ度やⅣ度にまでなると、手術をする必要があります。

Ⅱ度の段階でも状態によっては手術する他ないという場合もあり、このような事態を避けるためにも早めの治療を受けましょう。保存的治療で数ヶ月も改善しない場合は、他の治療方法への変更を考える必要があります。最近では硬化治療も広く行われています。必ずしも切除を行う治療ばかりでは無いので、専門医に相談することをお勧めします。

内痔核の症状に気がついたらどうしたらいいのか

内痔核の症状に気付くきっかけは、出血や肛門付近の違和感が多いです。

出血に関する項目でも解説したように、肛門からの出血のすべてが内痔核を表すわけではありません。大腸がんなどでも血が付着した便は出ます。

まずは内痔核なのか、それとも別の病気なのかを判断しなくてはなりません。検査には大腸内視鏡検査(大腸検査とも言います)が効果的です。病院によっては静脈からの鎮静剤を用いることもあり、痛みや吐き気の心配なく検査を受けることも可能です。

肛門に違和感があった場合も、内痔核なのか外痔核なのか、それ以外の病気なのかで処置は異なります。自己判断せず、きちんと専門の医療機関を受診しましょう。

今すぐ読みたい

ヘルスケア本