スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

のどスプレーを使ったのどの不調の対処法

更新日:2018/05/28 公開日:2016/07/26

喉にまつわる症状の対処法

口を開けてシュッとスプレーし、のどに直接、薬の効果を届けることができるのどスプレー。その効果や正しい使い方など、のどスプレーを使ったのどの不調の対処法について、ドクター監修の記事にて詳しくお伝えします。

のどスプレーの効果や種類、正しい使い方などについて、以下で詳しく見てみましょう。

のどスプレーってそもそもどういうもの?

のどスプレーは、ノズル付きの容器内に液状の薬剤が入った形状をしています。口を開け、ノズルをのどに向けてシュッとひと吹きすることで、薬剤が直接のどに届いて作用します。

主な目的は、のどに侵入した細菌を殺菌し、のどに起こった炎症を抑えて痛みや腫れを和らげること。噴射した薬剤は、そのまま飲んでしまっても大丈夫です。

長い綿棒を使ってのどに直接、薬剤を塗る方法よりも簡単で、外出先などうがいができない時にもワンプッシュするだけでのどの消毒ができるといったメリットがあります。

のどスプレーの目的・効果は種類によって異なる

のどスプレーは、各製薬メーカーからさまざまな種類が発売されていますが、大きく分けると「ヨウ素(ヨード)系」と「アズレン系」の2タイプがあります。

殺菌効果でかぜを予防する「ヨウ素(ヨード)系」

ヨウ素はヨードとも呼び、海藻に多く含まれ、人間の体内にも存在するミネラルのひとつ。殺菌力に優れ、消毒薬やうがい薬に利用されています。

ヨウ素を直接スプレーすることで、のどに付着した細菌やウイルスを死滅させる効果があります。のどに痛みを感じ、「かぜの引き始めかな?」と思ったときはもちろん、インフルエンザが流行しているときにも予防目的で使うことができます。ただし、殺菌力が強いため、常用や使いすぎは禁物。

なお、刺激に弱い人や子供向けの商品もあります。

のどの炎症を抑える「アズレン系」

抗炎症作用があるアズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)が、のどの炎症を抑えるだけでなく、傷ついた粘膜を修復してくれます。のどが痛い、腫れている、声がかれているといったときに効果的です。

アズレン系は、ヨウ素系のような強い殺菌力はありませんが、ヨウ素系に比べると刺激が少なく、のどが弱いという人にもおすすめです。

のどスプレーを上手に使用するコツ

やや上を向いて口を開け、ノズルをのどに向けて、症状が出ている部分にあたるようにスプレーします。

この時、息を吸いながら噴射してしまうと、薬剤液が気管支や肺に入ってしまうリスクが高まります。そのため、軽く息を吐きながら行う、「あー」と声を出しながら行うなど工夫するとよいでしょう。特に子供の場合は、大人がスプレーをしてあげる、または、大人が見守りながら正しいやり方で行わせるようにしましょう。

用法・用量を守って正しく使用を

長期にわたって使い続けることや、大量に使用することは避け、決められた容量・用法を守って使いましょう。

特に、ヨウ素系は注意が必要です。ヨードは基本的には安全なものですが、もともと甲状腺の機能に問題がある人が過剰に摂取すると、甲状腺機能の低下や亢進が起こる可能性があります。また、ヨード系のうがい薬(イソジンなど)と併用するのも、過剰摂取に繋がるため避けましょう。

もしも、誤って大量に飲んでしまった場合は、医療機関を受診しましょう。目に入ってしまった場合はすぐに水やぬるま湯で洗浄し、症状が重い場合は眼科を受診しましょう。

なお、ヨウ素は銀歯などの歯科材料を変色させることもあるため、心配な場合は歯につかないようにスプレーするか、ヨウ素は避けるようにしてください。

以上のように、のどスプレーは、外出先などでも簡単に使えて効果も高い反面、使い方を間違えるとかえってのどの粘膜を荒らしてしまったりすることもあるため、正しく使うことが大切です。

今すぐ読みたい