スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

のどがイガイガするのはなぜ?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/07/26

喉にまつわるさまざまな症状

のどがチクチクするような、ヒリヒリするような痛みがある…。このような状態を「のどがイガイガする」と言いますが、それは、なぜ起こるのでしょうか。のどがイガイガする原因について、ドクター監修の記事にて詳しくお伝えします。

のどがイガイガするのはなぜでしょうか。その原因として考えられるのどの病気やについて、以下で詳しく見てみましょう。

のどのイガイガ感とは?

そもそも、「のどがイガイガする」というのは、どのような状態なのでしょう。人によって感じ方に差はありますが、一般的にイガイガ感とは、トゲに刺されたようにチクチクしたり、乾いた感じでヒリヒリしたりするといった感覚で、軽い痛みの場合に使われることが多いようです。

のどがイガイガする原因は?

では、どんな時、のどのイガイガが起こるのでしょうか。イガイガの原因として考えられる主なものをあげました。

のどの炎症

のどに細菌やウイルスが侵入して感染し、炎症を起こすと粘膜が傷つき、イガイガ感が起こることがあります。主なものに、のど(咽頭)に炎症が起こる咽頭炎、扁桃腺(へんとうせん)が炎症を起こす扁桃炎、鼻腔と繋がる喉上部の鼻咽頭が炎症を起こす鼻咽腔炎(びいんくうえん)、免疫力の低下によって人体に寄生するカンジダが活発化しのどに炎症を起こす咽頭カンジダ症などがあります。

炎症が進行し、急性期には激しい痛みをともなうことがあり、イガイガ感といった軽い痛みは、炎症の初期や慢性化した際に見られることが多いようです。

アレルギー

花粉症に代表される季節性アレルギー、ハウスダストなどのアレルゲンによって起こる通年性アレルギー、花粉と似たアレルゲンを持つ野菜や果物を食べた時に起こる口腔アレルギー、小麦などの食物アレルギーによって、のどのイガイガが起こることがあります。

喫煙

たばこの煙は、のどの粘膜を刺激しますヘビースモーカーの状態が長いと、のどは慢性的な炎症状態となり、イガイガした痛みを起こすことがあります。

のどの乾燥

加齢などが原因で唾液の分泌量が減ったり、高熱や激しい口呼吸によって口腔内が乾燥したりすると、ドライマウス(口腔咽頭乾燥症とも呼ぶ)になることがあります。この影響で、のどにヒリヒリとした痛みを感じることがあります。

逆流性食道炎

逆流性食道炎では、胃液がのどまで逆流することでのどの粘膜が炎症を起こして傷つき、イガイガやチクチクした痛みを感じることがあります。なお、耳鼻咽喉科では、逆流性食道炎のことを咽喉頭酸逆流症(いんこうとうさんぎゃくりゅうしょう)と呼ぶこともあります。

咽喉頭異常感症

のどのイガイガが続いているにもかかわらず、検査しても異常はない、ほかの病気の可能性もないといった場合に、咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)と診断されることがあります。ストレスなどが原因とも考えられています。

のどのイガイガが続いたら、耳鼻咽喉科を受診

症状がなかなか治まらない場合は、耳鼻咽喉科を受診して、原因を特定してもらうことがおすすめです。

特に原因が見あたらない咽喉頭異常感症の場合は、治療はせずに日常生活でストレスをためないようアドバイスされたり、場合によっては精神安定剤が処方されることもあります。一方、原因が特定された場合は、必要に応じて炎症を抑える薬などが処方されます。

のどのイガイガは、我慢できないほどの痛みとは違うためつい放置しがちですが、のどの炎症が慢性化して起こることもあるため、一度きちんと診てもらい、しっかり治療をして治しておくのがおすすめです。

今すぐ読みたい