スキンケア大学 メンズスキンケア大学

足の爪をケアして自慢できる素足に

更新日:2017/05/11 公開日:2016/07/27

  • この記事の監修ドクター

    この記事の監修ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

素足にサンダルを履いたとき、足の爪が汚いと、せっかくのおシャレも台無しになってしまいます。しかし、足の爪のケアは、どうやって行えばいいものなのでしょうか。今回は、ドクター監修のもと正しい足の爪のケア方法についてお話していきます。

足の爪の汚れは気になる足のにおいの原因に!

足は、毎日お風呂に入っていても、意外ときれいに洗えていないことの多い部分です。特に、爪の間には、古くなった角質(垢)や、靴下などの糸くずなどが溜まりがちです。こうした汚れは、意識的に洗わないと、なかなか落ちないものです。

さらに、爪の間に汚れが溜まっていると、足のにおい、爪周囲の圧迫・炎症などの原因になることがあります。

足の爪をきれいに見せつためには、「とりあえずペティキュアを塗っておけばいい」と思う方もいるかもしれませんが、やはりそれ以前に、爪の周辺を清潔にし、爪の形を整えておくことが大切です。

正しい爪の洗い方とは

正しい足の爪の洗い方を見ていきましょう。

  1. まずは、足をしっかりと濡らし、爪や角質をやわらかくします。お風呂の湯船に浸かるか、それができないなら足湯をするとよいでしょう。
  2. 足の爪を洗うときは、やわらかい歯ブラシを使うと便利です。そして、歯ブラシに、よく泡立てた石けんの泡をつけ、爪やその周りをやさしく洗いましょう。特に、爪と指の間、爪の側面、生え際などは、汚れが溜まりやすいので、ていねいに洗うことが大切です。
  3. 洗い終わったら、石けんが残らないようによく洗い流し、やわらかいタオルで、指と指の間、爪のまわりなども、ていねいに拭き取りましょう。また、使った歯ブラシを濡れたまま放置すると、雑菌が繁殖しやすくなるので、よく洗ってから、しっかり乾燥させましょう。

爪の端に溜まった汚れを、爪楊枝などで取ろうとする人もいますが、皮膚を傷つける可能性があるのでやめておきましょう。歯ブラシを使う場合も、強くゴシゴシこすってはいけません。

また、あまり頻繁に洗い過ぎると、爪や指を傷めてしまう可能性があります。歯ブラシを使った爪のケアは、週に2〜3回程度で十分です。

正しい爪の整え方

足の爪の形を整えるときは、まずは、爪をやわらかくするために、入浴や足湯をしてからはじめましょう。

深爪や爪のヒビ割れを防ぐには、「爪切り」より「爪やすり」を使うのがおすすめです。特に、耐熱強化ガラス製の爪やすりであれば、手になじんで使いやすく、使用後に洗剤などで洗うこともできるので衛生的に管理しやすいです。

爪やすりをかけるときに、やすりを往復させると、爪に負担がかかって亀裂が入りやすくなります。爪の左右から中央に向かって、半分ずつ一方向にかけていきましょう。そして、最後に、手前から爪の先端(表面から奥)に向かって一方向にかけ、爪の先が少し丸くカーブするように仕上げます。

今すぐ読みたい

カテゴリー