スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

リンを過剰摂取するとどうなる?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/07/26

ミネラルの種類(4)リン

リンは食品添加物にも含まれているため、過剰に摂取することで病気を引き起こすリスクがあります。リンの過剰摂取によって引き起こされる病気や、望ましいリンとカルシウムのバランスについて栄養学専門医師の監修のもと解説します。

リンは一般的な食生活で不足することよりも、過剰摂取が心配されています。リンを過剰に摂取することでどのようなことが起きるのか確認しておきましょう。

リンの過剰摂取への懸念

リンは乳製品や肉類、魚類などに含まれるだけではなく、リン酸塩やピロリン酸、ポリリン酸などの食品添加物として使用され、清涼飲料の酸味の素にもなっています。現代の食生活では、コンビニやファストフードの食事、インスタント食品を多く利用する人は、リンの過剰摂取になりやすいです。また、ハムやチーズもリン酸塩が含まれることの多い食品です。こうした食品を摂取することの多い人は、リンの過剰摂取が懸念されます。

リンの過剰摂取によって起こる病気

リンの過剰摂取によって、病気が引き起こされることがあります。特に、リンを過剰に摂取したうえに、カルシウムの摂取量が少ない状態が長期間続くことは、骨の形成に関わり、骨量や骨密度の低下を招きます。

また、腎不全や腎臓結石もリンの過剰摂取によって起こることのある病気です。

副甲状腺ホルモンは、腎臓でのリンの吸収を抑制する働きがあります。しかし、リンの長期におよぶ過剰摂取によって、副甲状腺ホルモンの分泌が過剰となると、腎不全が引き起こされることがあります。

また、副甲状腺ホルモンは、腸管からカルシウムを吸収する抑制にも関与し、低カルシウム血症の原因ともなります。食品添加物が含まれた食品や清涼飲料を大量の摂取は、腎臓結石の要因のひとつです。

望ましいリンとカルシウムのバランス

リンは体内でカルシウムと結びついて、リン酸カルシウムとして骨や歯をつくります。リンとカルシウムはどのくらいのバランスが望ましいのでしょうか。

リンに対してカルシウムの割合が少ないと、骨量の低下を招く要因となります。特に成人女性では、血液中の副甲状腺ホルモンの割合が増加し、骨が破壊されてしまうことで、骨密度が低下することがあります。カルシウムとリンの血中バランスの正常範囲は、「3:10」から「7:10」ですので、カルシウムを摂取し、リンの摂取が過剰とならないように気をつけましょう。

リンの過剰摂取を防ぐには、食品添加物の摂り過ぎに気をつけることが大切です。気になる人は食生活を見直してみましょう。

ヘルスケア本