スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

まぶたが腫れる原因

更新日:2016/12/09 公開日:2016/07/28

目の腫れ

まぶたの腫れは、ある朝鏡を見て気づくケースが多いものです。しかし、ひとくちに「まぶたや目の腫れ」といっても様々な原因が考えられます。そこでドクター監修のもと、まぶたが腫れる原因と受診が必要なケースについて解説します。

まぶたが腫れる原因はとても幅広く、何らかのトラブルが原因となるもの、病気が原因となるもの、むくみによるものなどに分けられます。対処法は原因によって異なるため、時間の経過とともに自然に解消するものもあれば、クリニックで受診や治療が必要なものもあります。

まぶたが腫れる原因(1)むくみ

前日の行動が原因で、まぶたが腫れることがあります。たとえば、夜に泣きすぎたり、お酒を飲みすぎたり、うつぶせの状態で寝たり、目をこすりすぎたりすることでまぶたが腫れる事例は、多くの方が経験していると思います。これは、むくみが原因で起こるまぶたの腫れです。この場合は時間とともにひいていきますし、病的なものではありません。

ただし、常にまぶたが腫れていて、手足にもむくみを感じるようでしたら内臓など目以外の病気が原因の場合も考えられます。このような場合は、一度内科を受診してみるとよいでしょう。

まぶたが腫れる原因(2)目の病気

目の病気が原因の場合、代表的なのがまぶたの縁に炎症が起きて腫れる「ものもらい」。地方によっては、「めばちこ」や「めいぼ」などと呼ばれることもあります。ものもらいには、目に脂を分泌させるマイボーム腺がつまって炎症が起こる「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」と、身体の抵抗力が落ちたときに、細菌の感染によって炎症を起こす「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」があります。霰粒腫より麦粒腫の方が痛みを感じることが多いですが、どちらもまぶたが赤く腫れることが特徴です。

また、その他の目の病気では、「はやり目」とも呼ばれる「流行性角結膜炎」や「アレルギー性結膜炎」によってもまぶたが腫れます。はやり目によって結膜もむくんで、充血や目やになどの症状が出る場合もあります。

他にも、細菌やウイルスによる感染性やアレルギーが原因でまつげの根元に炎症が起こってまぶたが腫れる「眼瞼炎(がんけんえん)」。涙の通り道である涙嚢(るいのう)に細菌が繁殖して炎症が起こる「涙嚢炎(るいのうえん)」なども考えられます。涙嚢炎がひどくなると、涙嚢の周囲まで炎症が広がり、まぶたの腫れを引き起こします。

これらの目の病気が考えられる場合は、眼科を受診して適切な治療を受けることが大切です。

まぶたの腫れの原因(3)皮膚トラブル

アイシャドウやマスカラなどの化粧品やヘアカラーなどにかぶれたり、アレルギーが起きたことでまぶたが腫れるケースもあります。

また、帯状疱疹が顔に発症したときも、まぶたが腫れる場合があります。この場合は、左右どちらか一方に発疹がいくつかかたまって現れることが特徴で、ピリピリとした感じをともないます。帯状疱疹は体力や免疫力が落ちているサインでもあるので、発疹に気づいたらすぐに皮膚科を受診して治療を行ってください。ただし、かかりつけの内科やペインクリニックがある場合は、そちらの医師への相談でもよいでしょう。

まぶたの腫れの原因(4)外傷

ボールなどをぶつけたり、転んだりしたときなど、目になんらかのダメージを受けた場合もまぶたが腫れます。また、まぶたの腫れだけでなく、眼球自体に外傷を受けていることも考えられるので、しっかりと検査を受けるようにしましょう。

また、これまで普通に見えていたものが急に「二重に見える」といった症状がある場合は、脳や血管など全身性の病気の可能性も否めません。これらのような症状があるときは、すみやかに眼科を受診しましょう。

ヘルスケア本