スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

白目の部分が赤くなる症状

更新日:2016/12/09 公開日:2016/07/28

目のトラブルの基礎知識

痛みやかゆみもなく白目がべったりと赤く染まってしまう「結膜下出血」。結膜下出血と充血の違いとは?また、どのように対処したらよいのでしょう?ドクター監修のもと、白目が赤くなる「結膜下出血」や充血について解説します。

白目が赤くなるとき、それが充血によるものか、結膜下出血によるものか、2つの可能性が考えられます。その違いは、どこにあるのでしょうか?

白目が赤くなるのは「結膜下出血」の可能性

結膜下出血は、白目である結膜の下に存在する細く小さな血管が破れて出血した状態です。白目部分がべったりと血液で赤く染まってしまうため、鏡を見てびっくりすることが多いかもしれません。

原因は幅広く、原因がわからないこともあります。出血と聞くと目に大きなダメージを受けた感じに思われますが、くしゃみやせき、お酒の飲み過ぎ、水中メガネをきつく絞め過ぎる、女性であれば生理中などでも出血することがあります。さらに加齢にともない、特に原因もなく出血する場合もあります。

また、糖尿病や高血圧、白血病、貧血といった全身性の病気によるもの、インフルエンザやマラリア、コレラなど急性の感染症などでも結膜下出血が起こることがあります。

結膜下出血の症状の特徴

結膜下出血の場合は、痛みやかゆみなどの自覚症状はほとんどなく、その多くが無症状。場合によって目がゴロゴロすることもありますが、視力の低下もなく視界も正常です。だからこそ、気付いたときの驚きが大きいといえるでしょう。

血管が破れて出血、といっても結膜が赤く染まっているだけです。結膜下で起きていることから、血液が眼球の中に入ることもありません。その症状は、小さな点状のものから斑状のもの、結膜全体を覆うくらいの広い範囲と出血状態によって異なります。

特に治療することもなく、症状が軽ければ1~2週間くらいで自然に吸収され、多くは自然に治ります。強い場合でも、落ち着くまで2~3か月と多少時間がかかるだけで、放置していても大丈夫です。ただし、結膜下出血が繰り返し起こる場合や痛みやかゆみなども伴う場合は、全身疾患の疑いもあるため早めに受診しましょう。

充血によって白目が赤くなる場合

白目が赤くなる原因として、もうひとつ。目の炎症や疲れ、目の病気などによる充血の可能性も考えられます。その違いは明らかで、結膜下出血は血管が破れたことによる出血ですので、場合によっては白目に血液がべったり張り付いたような状態です。それ対して充血は、細い血管が拡張したことで起きているため、血管が浮き出て血走ったように見えます。

充血の原因は、結膜炎の炎症によるものや目の疲れによるものに分けられます。目が疲れて充血している場合は、目をしっかり休ませることが一番。いつの間にか自然に治っていることが多いでしょう。

一方の結膜炎による炎症は、結膜炎を引き起こした原因に対して適切な治療が必要です。細菌性の結膜炎でしたら抗生剤の目薬を。アレルギー性によるものでしたら、抗炎症作用のある目薬が有効的です。しかし、ウイルス性の多くのものに関しては特効薬がなく、体がウイルスに対する免疫を獲得するまで待たなければなりません。抗ウイルス薬の軟膏や内服薬を使うこともあり、炎症が強い場合はステロイドの目薬を使用することがあります。

今すぐ読みたい

ヘルスケア本